いよいよ、本格的な専業主夫の育児が始まりました。

Facebook にシェア
Pocket

いままでのこのブログの記事で、
書いてますが、
本日から、いよいよ、ババの夜間勤務が始まりました。

4月に、JKのカナちゃんが、アルバイトを始め、
平日の内の3日、帰りが22時過ぎとなり、

5月には、ママが、女手一つで、子供たちを育てると言い、
夜間の勤務も始めました。(実際、ジジ、ババが育児してますが。。。)

この時点で、夕飯やお風呂の時間帯は、ジジとババと孫二人。

そこに、15年勤めたババのパートに時給が上がることなり、
年間の扶養範囲内の130万円の収入を超えてしまうこととなりました。

かといって、
人手不足で、収入を制限するために、
勤務時間を減らすことも出来ないそうです。
また、お局様としても、立場上、周りに、しめしが付かないとのこと。

なので、社会保険に加入し、労働時間を増やすことになりました。

豆知識として・・・。

・年間130万円未満の場合、配偶者の扶養となり、
所得税のみ支払うこととなります。

・年間130万円以上の場合、所得税のほか、配偶者の扶養からはずれ、
自身で、年金や社会保険に加入することになります。(実際は、月108,334円,以上)

いろいろと複雑なので、サクッと説明しましたが、
まとめると、

130万円を超えるようなら、年金や社会保険を払うことになるので、
170万円まで、稼がないと、手取りは、130万円より、減ってしまいますよ。

ということです。

ババも、15年間、これに準じて、128万円とか、129万円とかで、
抑えてました。

ただ、ジジが、社会保険から、国民健康保険に代わったことで、
毎月の年金、保険の支払いが、会社員時代の倍くらいになったので、

せめて、
ババだけでも、社会保険に加入し、支払いを減らそうという
考えもあります。

そして、
本日の夜は、ジジと孫二人の夕飯とお風呂でした。

夕飯は、これ!

夕飯は、ソーちゃんの空手があったので、サクッと作れるこれ!
テレビのCMで見て、気になってました。
トロッとワンプレート

それと、ツナサラダでした。

ここまでは、大したことありませんでした。

初めてのお風呂

問題は、お風呂。
とりあえず、夕飯を食べ終わったと同時に、

「みんな~。集合!」
「風呂に入るぞーーー!」

ミーちゃん:「はいっ!」
ソーちゃん:「えっ?」「ジジと入るの???」

実は、最近のお風呂は、いつも、ババの担当でした。

なので、ソーちゃんは、ジジと入るお風呂が久しぶりなので、
大喜び!

今まで、数えるほどしか、ソーちゃんとお風呂に入ってませんが、
一緒に、水遊びしたり、泡遊びしてくれるのは、ジジだけなので。。。

人生で、初の他に誰もいない孫二人とのお風呂。

とりあえず、一番小さくて、簡単なミーちゃんの頭と身体を洗って、
その次、ソーちゃんの頭を洗って・・・
 ・
 ・
 ・ 
 ・

あれ?
ミーちゃんどうしょ???

湯船にひとりで入れるのは、危険だし、
とりあえず、今は、ゾウさんジョウロで遊んでいるけど、
この後、
ソーちゃんの身体とジジの頭と身体も洗わないと。。。

困ったーーーーっ!

その時、玄関のドアの音。
「ガッシャーーン」

はい、この荒いドアの開け閉めの音は、ママ。

早速、大声で、ママを洗面所まで呼んで、
ミーちゃんを預けました。

その後、
ソーちゃんと水遊びや泡を全身に付けまくったりと
遊んであげて、洗面所に、放り投げて、
ゆっくり、自分も、お風呂に入ることが出来ました。

さて、
お風呂の段取りを間違えた今回。

次回からは、
ソーちゃんを先に洗って、外に追い出すか、湯船で遊ばせるかして、
その後、ミーちゃんを洗って、
急いで、自分も洗って、ミーちゃんと湯船かな???

巷の主婦さん方は、どうしているのだろう???

子供一人なら、何とかなりますが、
ご主人が帰ってこないときなど、
双子とか、年子3人とかだと、てんやわんやだろうな~???

ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
 

Facebook にシェア
Pocket

https://syufu.club/page-759
スポンサーリンク

フォローする