専業主夫から見る仕事と家事と育児~ご主人へ

Facebook にシェア
Pocket

今回は、このブログのタイトルそのままですが、
ネットでのコラムとかを見ていると、

「イクメン」って、思っている旦那は、実は、自称なだけ。

とか、

休日くらいは、子供と遊んで!

とか、
世の奥さま方の意見が、とっても、厳しいと思うので、
ちょっと、
企業戦士専業主夫の両方の経験をしているジジの意見も、
公開したいと思います。

でも、
結論から言うと、

実は、よくわかりません。

・仕事しか頭になかった30代

ジジも、朝から深夜まで、働いていた時の休日は、
家族で、出かけても、車の運転をババに任せ、
助手席で、熟睡していました。

ディズニーランドなども、近所なので、よく行ったのですが、
家族と離れて、ほとんど、レストランで、寝ていました。

また、外出中でも、勤務先から電話があると、延々、話していましたし、
最悪なときは、遊びを中断して、
勤務先まで、帰って、家族を1時間ほど待たせて、
仕事をしたこともありました。

久しぶりの遠出も、新しい店舗が出来たから視察に行くとか、
ライバル企業の新しい業態を見に行くというもの、多かったです。

とにかく、生活の全ての中心が、仕事だけでした。

今のご時勢では、考えられないですが、
休日も、出勤したり、月に、1~2回の本当の休みも、
夕方まで、布団から出ずに、ビジネス本を読んだり、
2度寝、3度寝をしていました。

当時は、ババの実家に、住んでいたので、
マスオさん状態ということもあり、
家での家事は、全て、ババとババの母親のオオババで、
こなしていたので、
出勤日は、仕事から家に帰ると、ご飯を食べて、お風呂に入って、
寝るだけ。

翌朝、起きると、15分もかけずに、家を出る。

そんな生活でした。

ババも、高度成長期世代のオオババと暮していたので、
そんな生活が、普通の家族だと、教育されていたのだと
思います。

・自営業準備期間の無職のとき

実は、ジジ。
15年前と10年前にも、家事中心も生活をしていたことがあります。

15年前、
長年、一緒に暮したオオババと離れ、
ジジの実家の近くに住むこととなりました。

それと、ほぼ、同時に、飲食業を辞め、独立することにしました。
生まれながらの飲食業漬けだったので、他の分野でも、
自分の可能性に掛けてみたかったのです。

その結果、「整体業」を選択し、10ヶ月ほど、整体スクールに
通いました。

その間、
店舗の開業準備とスクール通いだったので、実質、無職でした。

ババは、4人目の子供のカナちゃんが、お腹の中にいたので、
家事の大半をジジが、やることとなりました。

本当の専業主婦(夫)は、超たいへん!

当時は、パンを焼いたり、ケーキを作ったりと、
完璧に、家事と育児をこなしていると思っていました。
15年経った最近まで。。。

実際、今ですら、孫二人の育児に、てんやわんやなのに、
当時は、小3のリョーちゃん・小1のママ・年中さんのショーちゃんと
遊び盛りのチビたちが、3人もいて、

後半は、生まれたばかりのカナちゃんもいたのですから。。。

考えてみると、
ジジの見えないところで、ババが、がんばってくれていたんだな~。と、
主夫業をするようになってから、今さらながら、感謝しています。

それと、当時の後半は、
お風呂掃除・食器の片付け・掃除機がけ・ゴミ捨て等々を
日替わりで、子供たちに、やらせてましたし、
夕飯も、ユシケイという宅配食材を使ってました。

これ ↓↓↓
【配送無料】初回注文は50%OFFで! 『夕食ネット』の冷凍宅配弁当♪
夕飯は、ヨシケイでした。

今でも、家事自体は、たいへんだとは思っていませんが、
やはり、育児は、たいへんです。

結局、育児の状態が、サプライズが多く、固定できないので、
そのツケが、家事全般に廻ってしまい、
家事も、たいへんになるのです。

外出はおろか、料理中も、目を離せないし、
酷いときは、トイレに行っている最中に、障子を破いたり、
鍵を開けて、ベランダに出てしまったり。。。

この間は、
ママが、うたた寝をしている間、
ちょっと、ジジが、ゴミ捨てに行ったら、その帰りに、
玄関のドアを開けて、エレベーターの前で、
ジジを待っていました。

1才10ヶ月のミーちゃんが。。。大汗)

結局、こんなことがおこらないように、
家事を後回しにせざるを得ないのです。

世のご主人がた、
そんな、思いで、奥さまが、一日を過ごしているのは、
知っているのでしょうか?

次は、世の奥さま方へ。
続く。。。

ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ

Facebook にシェア
Pocket

https://syufu.club/page-759
スポンサーリンク

フォローする