本日は、真剣に青ざめました。

Facebook にシェア
Pocket

本日は、ソーちゃんの空手の日。

相変わらず、空手に行く時間になると、グズグズと
泣きべそをかいてます。

元々、幼稚園生対象の幼年部所属なのですが、
ほとんどが、お遊びなので、半年前ほどから
本気モードの少年部へと移させました。

その頃から、
ヘタレソーちゃんが、勃発し始めたので、先週から、
幼年部へと戻しました。

お遊びのために、毎月7000円は、バカらしいと思いながらも、
将来への投資だと思ってガマン、ガマン。。。

しかしながら、すでに、遅し!

もう、「空手」=「怖い」という認識が染み付いてしまったようです。

毎回、毎回、グズグズ、グズグズ。。。

本当に、腹が立ってしまいます。
ジジの病気は、ストレスが本当に、大敵なんです。

毎回、空手の前になって、ソーちゃんのグズグズを
目の当たりにすると、一気に、体調が悪化します。

そして、
今日。

いつものように、道場の前まで、車で送って、
わざわざ、車から降りて、ギュッと抱きしめて、

パワー注入!!

その後、ハイタッチ!

それでも、涙をこぼしながら、道場のある2階まで、
階段を登っていきました。

2階から手を振って、やっと、道場へと入りました。

でも、
今日は、ちょっと、いやな予感がしたので、車を走らせた後、
ユーターンをして、もう一度、道場の前まで行きました。

道場の窓の中から、ソーちゃんらしき人影が見えたので、
ホッ。として、そのまま、買い物に行きました。

1時間後、道場の前に車を止めて、ソーちゃんを待ってました。
あれ?
10分。。。
15分。。。

空手の終わる時間は、当に過ぎている。

いやな予感。。。

車に、ミーちゃんを残して、ダッシュで、2階の道場へと
行ってみると、ソーちゃんの姿がない!

道場の先生が、前を通ったので、

「ソーちゃん(本名)は、いますか?」

と、聞いたところ、

「今日は、来てませんよ。」

「えっ!先ほど、道場に入ったのを確認してから、
車に乗ったのですが。。。」

「はい?ソーちゃんは、最初から、お休みでした。」

ゲッ!

どこ行った!!

超青ざめます。

行方不明になった!!

とりあえず、駅前の交番に行こうと、車に乗ったら、
ママから、電話。

いきなり、
「何やってんのよ!」

「ソーちゃんが、公園で、一人で遊んでるって、
幼稚園のママともが心配になって、家で預かってるって!」

はぁ????

道場は、その公園から、約2km
大人の足でも、20分はかかる。

そんな、遠くまで、道場をサボって、遊びに行くか???

途中、何度も、道路を渡るし、何度も、曲がり角を曲がるのに。

とりあえず、ホッとした気持ちと、無性に腹が立つのと
複雑な気持ちで、家に帰りました。

しかし、
本当に、たまたま、公園の前をママ友が、通ってくれて、
たまたま、声をかけてくれたから、良かったものを。

それがなければ、どうなっていたことか。

つい先日、女子小学生が、殺害されたというニュースが、
あったばかりなのに。。。

その後、
ソーちゃんは、ママが、迎えに行くと言ってました。

家に帰っても、信じられない道のりを一人で、
歩いて帰ってきたソーちゃんの気持ちを考えたり、

空手をサボった事への怒りと、万が一、何かあったら。という
不安とが、いりみだって、イライラが止まりませんでした。

夕飯は、用意しておいたので、
そのまま、ベッドに横になっていました。

その後、ママとソーちゃんが、かえって来て、
ソーちゃんが、ジジの枕元で、「ごめんさい。」と言ったのですが、

「もう、知らん!」
「勝手にしろ!」と突き放しました。

本当は、襟元をわしづかみして、
外に放り出したい気分だったのですが、

一人で、遠距離を一生懸命歩いて帰ってきたときの
気持ちを考えると、手を出すことが出来ませんでした。

しばらく、ベッドで横になっていたのですが、
どうにもこうにも、ジジの心の行き場所がない!

仕方ないので、
車のキーを持って、イオンに一人で行きました。

もう、衝動買いの連発!!
クレジットカード使いまくりです。

これで、少しは、ストレス発散になりましたが、

さて、
これからのソーちゃんの空手。
どうしようかな???

ちなみに、イオンへ行く前に、ソーちゃんの道着と帯を
ゴミ箱へ捨ててから、家を出ましたが、
帰ってきたら、洗濯カゴに戻ってました。

このまま、ソーちゃんが、空手を続け、強くなる前に、
ジジの身体と命が、持ちません。

明日、家族会議かな???

ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
   

Facebook にシェア
Pocket

https://syufu.club/page-759
スポンサーリンク

フォローする