専業主夫

2018/07/01

前回は、
専業主夫から見る仕事と家事と育児~ご主人へ」でした。

仕事一途の会社員から、専業主夫となり、
仕事ばかりで、家のことをまったくしたことが無かった立場から、
家族が、外で、仕事をしている間、家事と育児のみをするようになり、
どちらの気持ちも、理解できるようになりました。


そこで、今回は、主婦(夫)目線での思いを
書いていきます。


家事と育児には、休みがない。

まずは、この主婦の誰もが思うこと。

旦那は、
休みの日は、家でゴロゴロしていたり、ゴルフに出かけたりと、
好き勝手なことをしています。

何を思ったか、いきなり、食器を洗い始めると、
汚れや洗剤が残っていたり、シンク周りを水浸しにしたり、
食器の置き場も、バラバラ。

洗濯機を回せば、パンツと靴下とハンカチを一緒に洗うし。

そんなんで、全部、最初から、自分がやり直す羽目に。。。


掃除機も、かけたいし、夕飯の買い物もしたい。
洗濯物だって、まだ、干していない。

なんで、家族の人数以上のバスタオルがあるんだよっ!

なんで、飲み物を飲むたびに、新しいコップを出すんだよっ!

なんで、靴下が、玄関にあるんだよっ!


子供の後片付けだけでも大変なのに、
一緒になって、やりっぱなしで、
なおかつ、面倒な仕事を増やしてばかりいる。


結局、家にいると邪魔なので、
子供と公園に行かせても、子供をほったらかして、ベンチに
座って、携帯いじり。。。

家にいても、外にいても、本当に、イライラの元。

こんなことなら、
ずっと、休みなんて、取らずに仕事して、
給料だけ、家に入れてくれればいいよっ!


なんて、
こんなことを思う主婦の方も、少なくないと思うのです。


実際、
ジジも、家族一人ひとりが、自分の事をきちんとしてくれれば、
どれだけ、家事が楽か。

それだけでも、家事の3分の1は、やらなくて済むかも???

テーブルの上の飲みかけのペットボトルや

買い物袋、チラシ、教科書等々。

洗濯カゴからはみ出た洋服。

椅子にかけっぱなしの上着。

いつのかわからない、部屋の片隅の靴下。

こんなのが、一日中、目に留まり、
それらを通りすがりに、片付けながら、
メインの家事をするという日々。

毎日、昼間に、全てをリセットしても、
夜には、また、同じことの繰り返しで、
理想とする空間作りは、延々と叶うことができません。


本当は、シンプルに、こういったリビングにしたいのに、
リビング


現実は。。。
20180701_134644

毎朝、こんな感じで、
家族が出かけた後のミーちゃんのお昼寝をしている
1時間半くらいで、全てをリセットしています。

でも、
翌朝、また、同じような状態。。。


ほとんど、境内の落ち葉を、繰り返し掃き掃除している
修行僧状態です。



専業主婦(夫)の本質

それでも、
やはり、家族が、仕事から帰ってきたときに、
落ち着ける空間を維持したいと思っています。

【陰と陽】
世の中には、男と女がいて、
世界には、昼間があり、夜があり、
物事には、表と裏があり、
収入を得るものと守るもの。。。

一日中、仕事をして、疲れた身体で、帰宅したときに、
ゆっくりとくつろげる空間と笑顔で迎えてくれる
家族がいるから、また、明日、がんばって仕事をしよう。
と思えるのだと思います。


男性は、女性より、単純です。

いつも、自分が、奥さまや家族から愛されているという
実感があるだけで。
子供の育児のように、よく出来たら、褒めるだけで、
たいへんな仕事もがんばれるものです。


要は、奥様の出かた次第で、どうにでも、操れるもの。

男って、そんなものです。

同じ目線で、接すると、ストレスばかりが、貯まるものです。

表面では、一歩引きつつも、
全てを操るくらいのおおらかな気持ちで、接すると、
かわいいものではないでしょうか?


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/29

今回は、このブログのタイトルそのままですが、
ネットでのコラムとかを見ていると、

「イクメン」って、思っている旦那は、実は、自称なだけ。

とか、

休日くらいは、子供と遊んで!

とか、
世の奥さま方の意見が、とっても、厳しいと思うので、
ちょっと、
企業戦士専業主夫の両方の経験をしているジジの意見も、
公開したいと思います。


でも、
結論から言うと、

実は、よくわかりません。


・仕事しか頭になかった30代

ジジも、朝から深夜まで、働いていた時の休日は、
家族で、出かけても、車の運転をババに任せ、
助手席で、熟睡していました。

ディズニーランドなども、近所なので、よく行ったのですが、
家族と離れて、ほとんど、レストランで、寝ていました。

また、外出中でも、勤務先から電話があると、延々、話していましたし、
最悪なときは、遊びを中断して、
勤務先まで、帰って、家族を1時間ほど待たせて、
仕事をしたこともありました。

久しぶりの遠出も、新しい店舗が出来たから視察に行くとか、
ライバル企業の新しい業態を見に行くというもの、多かったです。

とにかく、生活の全ての中心が、仕事だけでした。

今のご時勢では、考えられないですが、
休日も、出勤したり、月に、1~2回の本当の休みも、
夕方まで、布団から出ずに、ビジネス本を読んだり、
2度寝、3度寝をしていました。


当時は、ババの実家に、住んでいたので、
マスオさん状態ということもあり、
家での家事は、全て、ババとババの母親のオオババで、
こなしていたので、
出勤日は、仕事から家に帰ると、ご飯を食べて、お風呂に入って、
寝るだけ。

翌朝、起きると、15分もかけずに、家を出る。

そんな生活でした。

ババも、高度成長期世代のオオババと暮していたので、
そんな生活が、普通の家族だと、教育されていたのだと
思います。


・自営業準備期間の無職のとき

実は、ジジ。
15年前と10年前にも、家事中心も生活をしていたことがあります。

15年前、
長年、一緒に暮したオオババと離れ、
ジジの実家の近くに住むこととなりました。

それと、ほぼ、同時に、飲食業を辞め、独立することにしました。
生まれながらの飲食業漬けだったので、他の分野でも、
自分の可能性に掛けてみたかったのです。

その結果、「整体業」を選択し、10ヶ月ほど、整体スクールに
通いました。

その間、
店舗の開業準備とスクール通いだったので、実質、無職でした。

ババは、4人目の子供のカナちゃんが、お腹の中にいたので、
家事の大半をジジが、やることとなりました。



本当の専業主婦(夫)は、超たいへん!

当時は、パンを焼いたり、ケーキを作ったりと、
完璧に、家事と育児をこなしていると思っていました。
15年経った最近まで。。。


実際、今ですら、孫二人の育児に、てんやわんやなのに、
当時は、小3のリョーちゃん・小1のママ・年中さんのショーちゃんと
遊び盛りのチビたちが、3人もいて、

後半は、生まれたばかりのカナちゃんもいたのですから。。。

考えてみると、
ジジの見えないところで、ババが、がんばってくれていたんだな~。と、
主夫業をするようになってから、今さらながら、感謝しています。


それと、当時の後半は、
お風呂掃除・食器の片付け・掃除機がけ・ゴミ捨て等々を
日替わりで、子供たちに、やらせてましたし、
夕飯も、ユシケイという宅配食材を使ってました。

これ ↓↓↓
【配送無料】初回注文は50%OFFで! 『夕食ネット』の冷凍宅配弁当♪
夕飯は、ヨシケイでした。

今でも、家事自体は、たいへんだとは思っていませんが、
やはり、育児は、たいへんです。

結局、育児の状態が、サプライズが多く、固定できないので、
そのツケが、家事全般に廻ってしまい、
家事も、たいへんになるのです。


外出はおろか、料理中も、目を離せないし、
酷いときは、トイレに行っている最中に、障子を破いたり、
鍵を開けて、ベランダに出てしまったり。。。

この間は、
ママが、うたた寝をしている間、
ちょっと、ジジが、ゴミ捨てに行ったら、その帰りに、
玄関のドアを開けて、エレベーターの前で、
ジジを待っていました。

1才10ヶ月のミーちゃんが。。。大汗)



結局、こんなことがおこらないように、
家事を後回しにせざるを得ないのです。


世のご主人がた、
そんな、思いで、奥さまが、一日を過ごしているのは、
知っているのでしょうか?



次は、世の奥さま方へ。
続く。。。


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/27

日曜日に、彰(ショー)ちゃんのところへ行ってきました。

彰ちゃんのことは、
こちらから、専業主夫になった理由>>>


この8年間、ほぼ毎月、月命日には、
目黒にある彰ちゃんのお墓まで、会いに行っていますが、
今回は、彰ちゃんが入院中、担当をしてくれていた看護師さんから、

「今月、彰ちゃんのお墓参りに行くときに、一緒に連れて行ってほしい。」

という連絡が入り、大崎駅で、待ち合わせをして、一緒に行くことにしました。

聖路加国際病院


実は、この看護師さん、
当時、看護師になりたてで、彰ちゃんのプライマリーナーシングが、
初めてだったのです。

プライマリーナーシング とは、一人のナースが患者さんが
入院してから退院するまでの全期間を受け持ち、
看護計画・ケアの実施・評価を行う看護方式のことをいいます。



まぁ、ヤンチャで、ガキ大将気質の彰ちゃんは、相当、看護師さんを
悩ませたと思います。


なにせ、
新人の看護師さんが担当している患者が、
こんなことばかり言ってくるのですから。。。

専業主夫になった理由と現実6 ~その6【ショーちゃん水道】>>>




その看護師さんも、彰ちゃんの他界後、子供の頃からの夢だった
看護師の仕事を辞め、今では、専業主婦として、二人の子育てに
励んでおります。


まだ、20代前半から、与えられた職場は、何十人もの幼い子供たちが、
毎晩、家族とも、離ればなれになりながら、
苦しくてつらい病気と闘っている環境は、本当に、別世界だったでしょう。


ジジも、彰ちゃんへの骨髄移植のため、廊下をまたいだ隣りの病棟に
入院して、時間があると、夜間でも、激痛の腰を抑えながら、小児病棟に、
顔を出していたのですが、

一晩中、どこかの部屋から、泣き声と「ママー。」という声が、
聞こえていました。



あれから、8年。
そんな、子供たちの思いを心底から知っている元看護師さんは、
知識と教養を持ちながらも、専業主婦というポジションを選択しています。

そして、8年も経っている今でも、毎年、彰ちゃんの命日には、贈り物を
くれたり、今回のように、お墓参りにも、行ってくれています。

小児病棟での仕事は、若い看護師にはつらすぎる中で、
初めて、担当したプライマリが、一度は、元気に退院したのに、
再入院して、久しぶりに、会えたと思ったら、あっという間に、他界。


あまりにも、つらくて、悲しすぎましたよね!?

看護師さんのその後の人生をも、大きく変えてしまったと思います。


ただ、
久しぶりに、会った元看護師さんは、当時の頼りないけど、
本当に、子供が好きで、毎日、ガムシャラにがんばっている姿から、

今では、二人の子供を持つ母となり、立派に子育てをしているのが、
話の中で、伝わって来ました。


看護師さんには、本当に、感謝しても、しきれない思いです。



ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/26

いままでのこのブログの記事で、
書いてますが、
本日から、いよいよ、ババの夜間勤務が始まりました。

4月に、JKのカナちゃんが、アルバイトを始め、
平日の内の3日、帰りが22時過ぎとなり、

5月には、ママが、女手一つで、子供たちを育てると言い、
夜間の勤務も始めました。(実際、ジジ、ババが育児してますが。。。)

この時点で、夕飯やお風呂の時間帯は、ジジとババと孫二人。

そこに、15年勤めたババのパートに時給が上がることなり、
年間の扶養範囲内の130万円の収入を超えてしまうこととなりました。

かといって、
人手不足で、収入を制限するために、
勤務時間を減らすことも出来ないそうです。
また、お局様としても、立場上、周りに、しめしが付かないとのこと。

なので、社会保険に加入し、労働時間を増やすことになりました。


豆知識として・・・。

・年間130万円未満の場合、配偶者の扶養となり、
所得税のみ支払うこととなります。

・年間130万円以上の場合、所得税のほか、配偶者の扶養からはずれ、
自身で、年金や社会保険に加入することになります。(実際は、月108,334円,以上)

いろいろと複雑なので、サクッと説明しましたが、
まとめると、

130万円を超えるようなら、年金や社会保険を払うことになるので、
170万円まで、稼がないと、手取りは、130万円より、減ってしまいますよ。


ということです。



ババも、15年間、これに準じて、128万円とか、129万円とかで、
抑えてました。

ただ、ジジが、社会保険から、国民健康保険に代わったことで、
毎月の年金、保険の支払いが、会社員時代の倍くらいになったので、

せめて、
ババだけでも、社会保険に加入し、支払いを減らそうという
考えもあります。


そして、
本日の夜は、ジジと孫二人の夕飯とお風呂でした。


夕飯は、これ!

夕飯は、ソーちゃんの空手があったので、サクッと作れるこれ!
テレビのCMで見て、気になってました。
トロッとワンプレート

それと、ツナサラダでした。

ここまでは、大したことありませんでした。



初めてのお風呂


問題は、お風呂。
とりあえず、夕飯を食べ終わったと同時に、

「みんな~。集合!」
「風呂に入るぞーーー!」

ミーちゃん:「はいっ!」
ソーちゃん:「えっ?」「ジジと入るの???」


実は、最近のお風呂は、いつも、ババの担当でした。

なので、ソーちゃんは、ジジと入るお風呂が久しぶりなので、
大喜び!

今まで、数えるほどしか、ソーちゃんとお風呂に入ってませんが、
一緒に、水遊びしたり、泡遊びしてくれるのは、ジジだけなので。。。


人生で、初の他に誰もいない孫二人とのお風呂。

とりあえず、一番小さくて、簡単なミーちゃんの頭と身体を洗って、
その次、ソーちゃんの頭を洗って・・・
 ・
 ・
 ・ 
 ・



あれ?
ミーちゃんどうしょ???

湯船にひとりで入れるのは、危険だし、
とりあえず、今は、ゾウさんジョウロで遊んでいるけど、
この後、
ソーちゃんの身体とジジの頭と身体も洗わないと。。。

困ったーーーーっ!


その時、玄関のドアの音。
「ガッシャーーン」

はい、この荒いドアの開け閉めの音は、ママ。

早速、大声で、ママを洗面所まで呼んで、
ミーちゃんを預けました。


その後、
ソーちゃんと水遊びや泡を全身に付けまくったりと
遊んであげて、洗面所に、放り投げて、
ゆっくり、自分も、お風呂に入ることが出来ました。



さて、
お風呂の段取りを間違えた今回。

次回からは、
ソーちゃんを先に洗って、外に追い出すか、湯船で遊ばせるかして、
その後、ミーちゃんを洗って、
急いで、自分も洗って、ミーちゃんと湯船かな???


巷の主婦さん方は、どうしているのだろう???

子供一人なら、何とかなりますが、
ご主人が帰ってこないときなど、
双子とか、年子3人とかだと、てんやわんやだろうな~???


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 
 





    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/25

専業主夫をはじめて、一年あまり。。。


日々、成長する孫たちへの育児以外は、かなり、慣れてきました。

育児以外は、ほぼ、定型作業ですからね!?

ただし、家事において、時間管理は、一切しないことにしました。

「今日中に、終わらせればいいやっ!」
「今日出来なかったら、明日でいいやッ!」

ということが、多くなっています。

でも、

自由だから怖い

人間、生まれてきてから、大人になるまで、ほとんど全員が、
常に、何かに制限されて生きてきています。

それが当たり前のように。。。

でも、そんな中でも、

自由になりたい。

束縛から逃れたい。

誰もが、一度や二度、あると思うのです。

ジジも、20代前半に、飲食店に勤めた1年後、
武道の師匠に薦められて、武道の指導員となりました。

しかし、
指導員だけでは、生活できる収入が無いので、
昼間は、今で言う、フリーター生活をしていました。

生活費を稼ぐということだけにフォーカスして。。。

でも、
どれも、続きませんでした。

ジジの本業は、武道の指導員。

なので、「お金さえもらえれば、いいやっ!」という考えだったので、
いやになったり、納得がいかないことがあると、
次の日から、行きませんでした。

年中、無職を繰り返し、
お金が無くなったら、実家のラーメン屋に帰って、
店を手伝って、お小遣いを貰ったり、
閉店後、残り物を食べていたりしました。

当初、無職になったときは、
心の底から、社会とのつながりがなくなったことで、
いても立ってもいられない疎外感が心を蝕みました。

「どうして、普通の人たちのように、普通に仕事が出来ないのだろう。」
「どうして、みんな、毎日、きつい仕事が出来ているんだろう。」
「自分は、なんて、駄目な人間なのだろう。」
「自分の生きている価値って、なんだろう。」

こんなことを、いつも考えてました。
当時、ピーターパン症候群という言葉が、流行っていました。
まさに、
自分は、病人だ!何てことも、思っていました。


自由を得ると、希望よりも、不安や心配ばかりを考えてしまうのが、
人間なのかもしれません。

逆に、制限のない生活よりも、自由な生活のほうが、
人として、確固たる覚悟と大いなる人間性が必要な気がします。


気を紛らわすために、毎日、実家の車で、
千葉の海に早朝から一人で出かけ、夕暮れになるまで、
「宮本武蔵」や「坂本竜馬」の本を読み続けていました。


ただ、
奇想天外なこの二人の生い立ち。

ジジを実社会から、離れさせることばかり書いてありました。

自分のような、どんな、駄目人間でも、武道を修行している限り、
いつかは、人の上に立つ人間になるために、修行を続けるぞ!

なんて、思いながら、空手の修行だけは、がんばっていました。


今思うと、そのことがあったため、
その後の就職活動や異例の出世が出来たのだと思うのです。

当時のジジにとっては、唯一の小さな光だったのでしょう。


もし、
その光が無かったら、一生、家族も持てなかっただろうし、
持てたとしても、悲惨な結果だっただろうな。と思います。


今、専業主夫という立場で、
ある程度、社会から、離れて、客観的な視点で、世間をみつめています。
20代のそんな出来事がなかったら、
この年になって、
「生きる価値」とか、
「自分の生き方」とか、考えていたのだろうな~。と思います。


何十年も、仕事一途で、がんばってきた
定年後のおじさんたちのように。。。


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 
 





    このエントリーをはてなブックマークに追加
主夫ジジの自己紹介
c6e8e3a6
【主夫ジジの自己紹介】
○生年月日:昭和の五輪ごろ。
○血液型 :一般的な型。
  もっと見る?>>>  

ジジ家の家族紹介>>>
専業主夫になった理由と現実>>



●主夫ジジの別サイト
東京周辺の話題のスポットや人気イベント情報サイト~Tokyo My Soul Town>



記事検索
RSSフィールド