2018/06/26

いままでのこのブログの記事で、
書いてますが、
本日から、いよいよ、ババの夜間勤務が始まりました。

4月に、JKのカナちゃんが、アルバイトを始め、
平日の内の3日、帰りが22時過ぎとなり、

5月には、ママが、女手一つで、子供たちを育てると言い、
夜間の勤務も始めました。(実際、ジジ、ババが育児してますが。。。)

この時点で、夕飯やお風呂の時間帯は、ジジとババと孫二人。

そこに、15年勤めたババのパートに時給が上がることなり、
年間の扶養範囲内の130万円の収入を超えてしまうこととなりました。

かといって、
人手不足で、収入を制限するために、
勤務時間を減らすことも出来ないそうです。
また、お局様としても、立場上、周りに、しめしが付かないとのこと。

なので、社会保険に加入し、労働時間を増やすことになりました。


豆知識として・・・。

・年間130万円未満の場合、配偶者の扶養となり、
所得税のみ支払うこととなります。

・年間130万円以上の場合、所得税のほか、配偶者の扶養からはずれ、
自身で、年金や社会保険に加入することになります。(実際は、月108,334円,以上)

いろいろと複雑なので、サクッと説明しましたが、
まとめると、

130万円を超えるようなら、年金や社会保険を払うことになるので、
170万円まで、稼がないと、手取りは、130万円より、減ってしまいますよ。


ということです。



ババも、15年間、これに準じて、128万円とか、129万円とかで、
抑えてました。

ただ、ジジが、社会保険から、国民健康保険に代わったことで、
毎月の年金、保険の支払いが、会社員時代の倍くらいになったので、

せめて、
ババだけでも、社会保険に加入し、支払いを減らそうという
考えもあります。


そして、
本日の夜は、ジジと孫二人の夕飯とお風呂でした。


夕飯は、これ!

夕飯は、ソーちゃんの空手があったので、サクッと作れるこれ!
テレビのCMで見て、気になってました。
トロッとワンプレート

それと、ツナサラダでした。

ここまでは、大したことありませんでした。



初めてのお風呂


問題は、お風呂。
とりあえず、夕飯を食べ終わったと同時に、

「みんな~。集合!」
「風呂に入るぞーーー!」

ミーちゃん:「はいっ!」
ソーちゃん:「えっ?」「ジジと入るの???」


実は、最近のお風呂は、いつも、ババの担当でした。

なので、ソーちゃんは、ジジと入るお風呂が久しぶりなので、
大喜び!

今まで、数えるほどしか、ソーちゃんとお風呂に入ってませんが、
一緒に、水遊びしたり、泡遊びしてくれるのは、ジジだけなので。。。


人生で、初の他に誰もいない孫二人とのお風呂。

とりあえず、一番小さくて、簡単なミーちゃんの頭と身体を洗って、
その次、ソーちゃんの頭を洗って・・・
 ・
 ・
 ・ 
 ・



あれ?
ミーちゃんどうしょ???

湯船にひとりで入れるのは、危険だし、
とりあえず、今は、ゾウさんジョウロで遊んでいるけど、
この後、
ソーちゃんの身体とジジの頭と身体も洗わないと。。。

困ったーーーーっ!


その時、玄関のドアの音。
「ガッシャーーン」

はい、この荒いドアの開け閉めの音は、ママ。

早速、大声で、ママを洗面所まで呼んで、
ミーちゃんを預けました。


その後、
ソーちゃんと水遊びや泡を全身に付けまくったりと
遊んであげて、洗面所に、放り投げて、
ゆっくり、自分も、お風呂に入ることが出来ました。



さて、
お風呂の段取りを間違えた今回。

次回からは、
ソーちゃんを先に洗って、外に追い出すか、湯船で遊ばせるかして、
その後、ミーちゃんを洗って、
急いで、自分も洗って、ミーちゃんと湯船かな???


巷の主婦さん方は、どうしているのだろう???

子供一人なら、何とかなりますが、
ご主人が帰ってこないときなど、
双子とか、年子3人とかだと、てんやわんやだろうな~???


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 
 





    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/09

後を絶たない子供への虐待による死亡事件。

ふたたび、起こってしまいました。


女児虐待、死亡数日前からおむつ…極度に衰弱か

無題

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6285465
Yahooニュースより

船戸結愛ちゃんは、
「もっとあしたはできるようにするから。もうおねがい、ゆるして。ゆるしてください。」
というノートへの書き込みをしていたそうです。



うちのソーちゃんと同じ年です。

もう、大人の言うことも理解できる年。
ある程度、パパ、ママのご機嫌を伺うことも、がまんも、覚えているはず。

でも、
まだ、まだ、甘えたいし、親が助けてあげないと、
いろいろと出来ないこともある。

百歩譲って、
言うことを聞かなかったり、親の言うことに対して、
素直な反応が無いときもあるし。

泣き始めたら、自分自身、わけがわからなくなり、
地団駄を踏むこともある。

そんなときは、本当に、つい感情的になって、叩いたときもあります。

でも、
何日も、一人ぼっちにしたり、まともに、食事を与えないなんて、
本当に、腹が立ちます。

ジジ的には、現在の日本の最高刑では済まされないと思うのです。

同じように、誰とも接することなく、食事を与えられず、真っ暗な闇の中で、
命の尽きるまで、苦しみながら地獄へ落ちてほしいと思います。


目で見えるひとりぼっちや食事をもらえないという苦しみ以上に、
最愛の親に、見捨てられた苦しみや悲しみのほうが、
何倍も、何十倍も、つらかったのでは無いでしょうか?



先だって、
ソーちゃんが、空手の道場から、脱走して、一人で、自宅近くの公園まで、
歩いて帰ったときなどは、本当に、寿命が縮まる思いでした。

その日のブログ記事です。
本日は、真剣に青ざめました。>>>


このときは、本当に、生きた心地がしませんでした。
まさか、幼稚園児が、約2kmの道のりをひとりで、歩くなんて、
想定外です。

「本当に、空手がいやっ!」という気持ちが、最大限まで達して、
とにかく、その場から離れたかったのでしょう。

「ジジは、こんなにも、大泣きして、絶対に、行きたくないと言っているのに、
ぜんぜん、わかってくれない。」
なんて、考えていたのでしょう。

5才の子供が、2kmの距離を
ひとりで、何を考えながら、歩いていたのでしょう。
なんとなくしかわからない道のりを不安になりながら、
どんな気持ちで、歩いていたのでしょう。

そんなことを考えると、単純に、叱ることも出来ませんでした。
叱ることも、抱きしめることも出来ずに、
年甲斐もなく、どうにも出来ない気持ちのまま、ベッドにうずくまってしまいました。

今まで、ひとりで、家を出たのは、マンションの敷地内のゴミ捨て場のみ。
その時も、ジジが、4階から見張っていました。


ソーちゃんは、ジジとっては、子供ではなく、5才のですが、
やはり、自分の事、自分の都合、自分の命よりも、は、優先せざるを得ない存在です。


理屈や理性とかでなく、ヒトとしての細胞レベル?

本気で、避けようと思っていても、やっぱり、まずは、孫たちのことを
最優先に考えるように脳みそが出来ているようです。


でも、
それが、生物としての本能ではないでしょうか?

動物の中には、子孫を残すために、弱った子供を殺す種類もいます。
でも、過酷な自然の中でのやむを得ない行動。
そうしないと、絶滅してしまうからだと思うのです。


でも、
人間って、自分や子孫の身を守るためでなく、
くだらない私利私欲のために、人を殺しますよね!?

ましてや、自分の生んだ子供まで。。。



いかがでしょう。

自動車を運転するときには、教習所へ行ったり、試験を受けたりします。
会社に入社するにも、試験や面接があります。
職業選択の自由という中でも。。。

だったら、
結婚は、個人の自由だとして、
出産は、試験を実地したほうがいいんじゃないのかな?って。

人権とか、自由とかあるかも知れませんが、
どうしても、子供がほしかったら、試験勉強をして合格すればいいんです。

それで、子供への虐待は、なくなる事は無いと思うのですが、
親としての自覚を持つ、きっかけにはなるし、
一時的な欲望で、子供が出来ちゃった。ってことも、減ると思うのです。

避妊せずに、子供が出来たら、犯罪者扱い!

そして、
高額な罰金刑に処すれば、
今よりは、悲惨な事件も減るのではないでしょうか?

どうしても、腹が立ってしまっているので、過激になりました。スミマセン。。。


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/22

昨日から、久しぶりに、ママの友達が、
遊びに来ました。


この友達、ママが、小学生の頃から仲良しでしたが、
ママが、ヤンキーになってから、ちょっと、縁遠くなってました。

ママが、落ち着いた20才くらいから、
再び、家に遊びにくるようになり、のソーちゃんの面倒もよく見てくれます。

ただ、なぜか、人見知りをしないのミーちゃんは、
その友達を見ると、大泣きします。


昨日も、玄関に入ってきた途端、
ミーちゃんは、ジジに駆け寄り、大泣きしてました。

なんだろ?

ミーちゃん、
どこに行っても、誰と会っても、人見知りしないし、
逆に、ニコニコと手を振る性格なのに。。。

この世で、その友達とパパの母親には、大泣きします。


なんか、見えるのかな???恐)


夕方から、浅草の三社祭りに
ママと友達とソーちゃんで、出かけました。
三社祭り

さすがに、とてつもない人ごみの中、ミーちゃんは、
連れて行けないということで、ミーちゃんの面倒は、
家で、ジジが見ました。


夜の8時頃、帰ってきて、
再び、ママと友達が、遊びに行ってしまいました。

まぁ、久しぶりの友達との対面なので、黙って見過ごしましたが、
帰ってきたのが、朝方の4時。


それでも、母親として、やることをやっていれば、
文句は言わないのですが・・・。


翌日は、ソーちゃんの幼稚園最後の遠足。

といっても、
家族でも、行きなれている葛西臨海公園。

ママが、起きたのが、すでに、園児が現地に着いているだろう
9時半。

はい。

超寝坊です。


ジジは、朝からママがいるので、
ママがいるときは、朝の準備は、ママがする約束なので、
ゆっくりと寝てました。


結局、ソーちゃんは、楽しみにしていた遠足に、
ママの寝坊のせいで、行けませんでした。


で、当のママ。
朝方まで遊んでいたせいか、風邪をこじらせ、
声が出ない状態。

一日中、寝込んでます。


ダイエットで、ご飯食べないし、
まともに、寝てないし、
風邪をこじらすべく、生活を続けているので、
ごもっともなのですが。。。


結局、
夕方からの空手も、ジジが、送り迎えすることとなったのですが、
前回のソーちゃん空手道場脱走事件があるので、

その内容が、これ。
本気で、青覚めました。>>>



ソーちゃんのお願いで、空手が終わるまで、道場の前で、
見学する羽目になりました。

道場の近所にあるダイエーに車を止めて、
ソーちゃんを道場へと送り、
そのまま、一時間、道場の前で、見学をしていました。

20180521_160643


まぁ、暇ですし、
急遽、送ることになったので、夕飯の用意もしてないし、
風邪のママは、当てにならないし、
カナちゃんも、今日は、部活で、帰りが遅いだろうし。。。

仕方なく、
空手を最後まで、見届け、車の止めてあるダイエーで、
夕飯のおかずを買って、帰りました。


今さら、作る時間もないので、
ご飯とお味噌汁だけ、急いで作って、
出来合いのから揚げと豚肉の野菜炒めをレンジで、チン!


空手嫌いになったソーちゃん。
よくよく、稽古をしている姿をみると、
嫌いではないみたいです。


ただ、まだ、若干5才。

ちょっと、観察していて、思ったのですが、
空手に車で送った際、車が走り去るのを見て、
一人きりで、取り残されたような寂しさがこみ上げてくるようです。

しばらくは、付き添いが必要かな???


本人自身も、
何で、悲しいのか、なんで、涙が出るのかをわかっていない状態で、
今まで、理由がわからなかったのですが、

今になっては、ちょっと、かわいそうなことしてたのかな?と、
反省しています。


見学している間、
元武道指導員として、じれったくて、見てられないので、
これを機に、待ってる間の時間つぶしに、
また、読書を趣味にしようかな???


それと、何年後かに、このブログをソーちゃんが見たら、
どんな気持ちになるのかな???

その頃は、泣き虫も治って、強くなってくれてるといいな♪



ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
   


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/21

前回、空手道場から脱出したのソーちゃん。

「真剣に青ざめました。」>>>


ママとしっかり話をして、続けることになったらしいのです。


でも、
思うのです。

ソーちゃんは、気が小さいです。
厳しいママから、褒められたくて、空手を続けると言って、
いい子でいようと思っているのが、手に取るようにわかります。


空手を休まずに、続けるという大変さは、
ジジも、よくわかってます。

学生時代、
友達がみんな、放課後に遊びに行く中、自分だけ、
いじめやしごきを受ける覚悟で、部活に行ってましたから。

当時は、稽古よりも、しごきがメインの内容でした。


真夏の炎天下の中、裸足で砂利道の土手沿いを10km以上
走り、足の裏を全部、やけどしつつ、血の足跡を着けながら走ったり。

先輩から、10円玉だけ貰って、牛丼を8個買いに行かされたり、

先輩のストレス解消に、組手の相手をさせられて、
前歯を折られたり。。。


そんな、今では、ありえない内容の稽古が当たり前でした。


それに比べれば、今の空手稽古は、お遊びみたいですが、
若干5才のソーちゃんには、厳しい稽古みたいです。


明日は、幼稚園の遠足の後、ソーちゃんの空手道場です。

さすがに、明日は、ママが、連れて行くと思うのですが、
さて、さて、
ソーちゃんは、気合い入れて、行くことが出来るのでしょうか?


ちなみに、前回の事件について、
ママは、ジジが厳しすぎると思っているらしいのです。

ママ曰く、空手のことになると、ジジの表情が変わるらしいです。

昔の恐いジジになるみたい。。。



んなことないんですよ!

ソーちゃんが、自分ひとりで、帯を結べたときも、
手をパチパチさせながら、

「ソーちゃんすごーい!」
「今日は、100点だよ!」って。。。

道場に入る前に、ギュッと抱きしめて、
「ジジのパワー注入!」ってしてあげるし、

空手のあとには、今日も、よくがんばったな。って、
コンビニで、アイスクリームやジュースを買ってあげたりするし、

こんな、神みたいなジジ。
この世に他にいないって! ^^V


それなのに、ママは、見てもいないのに、
恐いだの、厳しいだの。

ババは、それを聞いて、
「だったら、自分で連れて行け!」って、怒ってました。


実は、毎週火曜日が休みのババも、ソーちゃんの空手を
送り迎えしてくれてます。

その都度、ジジと同じように、泣きべそをかいている
ソーちゃんをなだめながら、行かせているそうです。

なので、
ジジの苦労を良く知ってくれてます。

その点、ママは、そんな事実を実際には、知らないので、
のんきなことを言ってます。



もし、明日、
ママが、仕事で、道場へ送ることが出来ないと言い始めたら、
絶対に、休ますつもりです。

そのまま、止めさせてもいいと思っています。

脱走してまで、嫌いな空手を続けさせても、
身にはならないでしょうから。。。



ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
   




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/04/27

ここ半年くらい、
一日中、ずっとミーちゃんと一緒で、

14時に迎えに行く、ソーちゃんとも、
その後は、ずっと一緒にいるのですが、
ちょっと、考えさせられることがあります。


それは、
前々から、公開しているミーちゃんの破壊魔ぶり。

ちょっと、あまりにも、尋常ではないです。



・床やカーペットを汚すのは、日常茶飯事、

・障子やふすまも、穴を開けるではなく、破る。

・掃除機のゴミタンクを引っ張り出して、ばら撒き。

・キッチンとリビングの境には、ベビーゲートを
付けているのですが、

リビング→廊下→バスルーム→キッチンと
つながっているので、そっちから、キッチンへと
進入し、

・調味料やインスタントコーヒー、麦茶パックなどを
ばら撒きます。

その他、数え切れないほど・・・。


1才半の幼児でも、パパ・ママが、家にいないと
ストレスが、貯まるのかな???

なんて、思ってしまいます。




それと、
最近のソーちゃん。

言うことを聞かなくなってきました。
5才というと、反抗期なのだろうか???


着替えも、片付けも、お風呂も、寝るときも、
最低、5回は、言わないと動きません。

しまいには、今日の寝る前、
布団の中に隠れて、IPadをいじくり始めてたので、

「いいかげんに。寝ないと、表に出すぞ!」と
言ったにも、かかわらず、

また、やってました。



さすがに、ケツを蹴っ飛ばして、怒鳴り散らしました。

大泣きしながら、寝静まりましたが。。。



その後、
ババから、聞いた話ですが、

今朝の登園時、幼稚園の前で、
突然、泣き始めたとの事。。。

ちょっと、情緒不安定になってる感じです。


ジジも、両親が自営業で、
盆と正月しか休まなかった仕事一筋の
親だったので、小さい頃のその寂しさも、わかります。


なので、
普段は、多少のことでは怒らないし、
極力、条件付きですが、わがままを聞くようにし、
一緒に、遊んだりもしていますが、


やっぱり、幼い子にとって、
「ママ」は、最強ですよね!?

家にいた頃のパパも、今のジジも、
ママには、叶わないと思うのです。


そのママは、今、
仕事が楽しくて仕方ありません。

出来れば、社員になりたいとも言っています。


父親として、
娘のやむを得ないいろいろとあった
思春期を考えると、
その望みは、叶えてあげたいとも思うのです。


ですが、
若くても、2児の母。

幼児にとっては、どんなに、たくさん一緒にいても、
足りないくらいの愛情が必要な時期とも
思うのです。



はて、さて、
去年まで、まさか、この年になって、
子育てで、悩むとは、思ってもみませんでした。


ほんの一ヶ月くらいまでは、
ジジも、余裕があったし、孫たちも、
普通のヤンチャさんでした。


今月に入ってから、ジジの体調が優れないことが
度々あったので、
その余裕の無さが、孫たちに、伝わったのかな???



ジジは、もう、病気で、
いつ、あの世に行ってもいいのです。


いつでも、
天国で、たった一人ぼっちの
ショーちゃんが待ってますから。


なので、
生き続けている限りは、

もっと、真剣に、ムリをしてでも、
いっぱい愛情をもって、接してあげようと
思う今日この頃です。





それと、関連するするような事で、

ここ数日、
子育ても、家事も、もっと、もっと、良い状態に
出来ないか?

もっと、家族が快適に過ごすための策はないか?

などを、ずっと、考え続けています。


たとえば、
ジジ家は、ベランダの給湯器から、
お風呂場までが、とても遠いのです。

まったくの反対側。

なので、
蛇口やお風呂で、お湯を出すと、4~5分間は、
水のままです。


これからの季節は、まだ、良いのですが、
冬場は、結構つらかったのです。


それと、ベランダに、水道がないのが
不便なのです。

今、ホームセンターで、給湯器の水道官から、
蛇口を分岐できるパーツを探しています。



その他、
・フローリングの経年劣化。
・賃貸専用の棚・洋服がけ。
・リビング以外のエアコン。
・大型家電などの買い替え時期。
・衣類乾燥機購入。等々、

環境の快適化をすることによって、
新生活をするぞ!

精神的な余裕ができるかな???

ジジだけでなく、
家族みんなが。。。


ちなみに、
明日、(正式には、本日)
新しい掃除機が届きます。


こういうの



初めての立つやつです♪


まずは、
明日、掃除機が届いたら、
思いっきり掃除機がけをして、

気分スッキリにするぞ!


まずは、身近な、そういうところから、
変えていこうと思います。



ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
   
  主夫ランキング        主夫ブログ村






    このエントリーをはてなブックマークに追加
主夫ジジの自己紹介
c6e8e3a6
【主夫ジジの自己紹介】
○生年月日:昭和の五輪ごろ。
○血液型 :一般的な型。
  もっと見る?>>>  

ジジ家の家族紹介>>>
専業主夫になった理由と現実>>



●主夫ジジの別サイト
東京周辺の話題のスポットや人気イベント情報サイト~Tokyo My Soul Town>



記事検索
RSSフィールド