家事

2018/07/01

前回は、
専業主夫から見る仕事と家事と育児~ご主人へ」でした。

仕事一途の会社員から、専業主夫となり、
仕事ばかりで、家のことをまったくしたことが無かった立場から、
家族が、外で、仕事をしている間、家事と育児のみをするようになり、
どちらの気持ちも、理解できるようになりました。


そこで、今回は、主婦(夫)目線での思いを
書いていきます。


家事と育児には、休みがない。

まずは、この主婦の誰もが思うこと。

旦那は、
休みの日は、家でゴロゴロしていたり、ゴルフに出かけたりと、
好き勝手なことをしています。

何を思ったか、いきなり、食器を洗い始めると、
汚れや洗剤が残っていたり、シンク周りを水浸しにしたり、
食器の置き場も、バラバラ。

洗濯機を回せば、パンツと靴下とハンカチを一緒に洗うし。

そんなんで、全部、最初から、自分がやり直す羽目に。。。


掃除機も、かけたいし、夕飯の買い物もしたい。
洗濯物だって、まだ、干していない。

なんで、家族の人数以上のバスタオルがあるんだよっ!

なんで、飲み物を飲むたびに、新しいコップを出すんだよっ!

なんで、靴下が、玄関にあるんだよっ!


子供の後片付けだけでも大変なのに、
一緒になって、やりっぱなしで、
なおかつ、面倒な仕事を増やしてばかりいる。


結局、家にいると邪魔なので、
子供と公園に行かせても、子供をほったらかして、ベンチに
座って、携帯いじり。。。

家にいても、外にいても、本当に、イライラの元。

こんなことなら、
ずっと、休みなんて、取らずに仕事して、
給料だけ、家に入れてくれればいいよっ!


なんて、
こんなことを思う主婦の方も、少なくないと思うのです。


実際、
ジジも、家族一人ひとりが、自分の事をきちんとしてくれれば、
どれだけ、家事が楽か。

それだけでも、家事の3分の1は、やらなくて済むかも???

テーブルの上の飲みかけのペットボトルや

買い物袋、チラシ、教科書等々。

洗濯カゴからはみ出た洋服。

椅子にかけっぱなしの上着。

いつのかわからない、部屋の片隅の靴下。

こんなのが、一日中、目に留まり、
それらを通りすがりに、片付けながら、
メインの家事をするという日々。

毎日、昼間に、全てをリセットしても、
夜には、また、同じことの繰り返しで、
理想とする空間作りは、延々と叶うことができません。


本当は、シンプルに、こういったリビングにしたいのに、
リビング


現実は。。。
20180701_134644

毎朝、こんな感じで、
家族が出かけた後のミーちゃんのお昼寝をしている
1時間半くらいで、全てをリセットしています。

でも、
翌朝、また、同じような状態。。。


ほとんど、境内の落ち葉を、繰り返し掃き掃除している
修行僧状態です。



専業主婦(夫)の本質

それでも、
やはり、家族が、仕事から帰ってきたときに、
落ち着ける空間を維持したいと思っています。

【陰と陽】
世の中には、男と女がいて、
世界には、昼間があり、夜があり、
物事には、表と裏があり、
収入を得るものと守るもの。。。

一日中、仕事をして、疲れた身体で、帰宅したときに、
ゆっくりとくつろげる空間と笑顔で迎えてくれる
家族がいるから、また、明日、がんばって仕事をしよう。
と思えるのだと思います。


男性は、女性より、単純です。

いつも、自分が、奥さまや家族から愛されているという
実感があるだけで。
子供の育児のように、よく出来たら、褒めるだけで、
たいへんな仕事もがんばれるものです。


要は、奥様の出かた次第で、どうにでも、操れるもの。

男って、そんなものです。

同じ目線で、接すると、ストレスばかりが、貯まるものです。

表面では、一歩引きつつも、
全てを操るくらいのおおらかな気持ちで、接すると、
かわいいものではないでしょうか?


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/29

今回は、このブログのタイトルそのままですが、
ネットでのコラムとかを見ていると、

「イクメン」って、思っている旦那は、実は、自称なだけ。

とか、

休日くらいは、子供と遊んで!

とか、
世の奥さま方の意見が、とっても、厳しいと思うので、
ちょっと、
企業戦士専業主夫の両方の経験をしているジジの意見も、
公開したいと思います。


でも、
結論から言うと、

実は、よくわかりません。


・仕事しか頭になかった30代

ジジも、朝から深夜まで、働いていた時の休日は、
家族で、出かけても、車の運転をババに任せ、
助手席で、熟睡していました。

ディズニーランドなども、近所なので、よく行ったのですが、
家族と離れて、ほとんど、レストランで、寝ていました。

また、外出中でも、勤務先から電話があると、延々、話していましたし、
最悪なときは、遊びを中断して、
勤務先まで、帰って、家族を1時間ほど待たせて、
仕事をしたこともありました。

久しぶりの遠出も、新しい店舗が出来たから視察に行くとか、
ライバル企業の新しい業態を見に行くというもの、多かったです。

とにかく、生活の全ての中心が、仕事だけでした。

今のご時勢では、考えられないですが、
休日も、出勤したり、月に、1~2回の本当の休みも、
夕方まで、布団から出ずに、ビジネス本を読んだり、
2度寝、3度寝をしていました。


当時は、ババの実家に、住んでいたので、
マスオさん状態ということもあり、
家での家事は、全て、ババとババの母親のオオババで、
こなしていたので、
出勤日は、仕事から家に帰ると、ご飯を食べて、お風呂に入って、
寝るだけ。

翌朝、起きると、15分もかけずに、家を出る。

そんな生活でした。

ババも、高度成長期世代のオオババと暮していたので、
そんな生活が、普通の家族だと、教育されていたのだと
思います。


・自営業準備期間の無職のとき

実は、ジジ。
15年前と10年前にも、家事中心も生活をしていたことがあります。

15年前、
長年、一緒に暮したオオババと離れ、
ジジの実家の近くに住むこととなりました。

それと、ほぼ、同時に、飲食業を辞め、独立することにしました。
生まれながらの飲食業漬けだったので、他の分野でも、
自分の可能性に掛けてみたかったのです。

その結果、「整体業」を選択し、10ヶ月ほど、整体スクールに
通いました。

その間、
店舗の開業準備とスクール通いだったので、実質、無職でした。

ババは、4人目の子供のカナちゃんが、お腹の中にいたので、
家事の大半をジジが、やることとなりました。



本当の専業主婦(夫)は、超たいへん!

当時は、パンを焼いたり、ケーキを作ったりと、
完璧に、家事と育児をこなしていると思っていました。
15年経った最近まで。。。


実際、今ですら、孫二人の育児に、てんやわんやなのに、
当時は、小3のリョーちゃん・小1のママ・年中さんのショーちゃんと
遊び盛りのチビたちが、3人もいて、

後半は、生まれたばかりのカナちゃんもいたのですから。。。

考えてみると、
ジジの見えないところで、ババが、がんばってくれていたんだな~。と、
主夫業をするようになってから、今さらながら、感謝しています。


それと、当時の後半は、
お風呂掃除・食器の片付け・掃除機がけ・ゴミ捨て等々を
日替わりで、子供たちに、やらせてましたし、
夕飯も、ユシケイという宅配食材を使ってました。

これ ↓↓↓
【配送無料】初回注文は50%OFFで! 『夕食ネット』の冷凍宅配弁当♪
夕飯は、ヨシケイでした。

今でも、家事自体は、たいへんだとは思っていませんが、
やはり、育児は、たいへんです。

結局、育児の状態が、サプライズが多く、固定できないので、
そのツケが、家事全般に廻ってしまい、
家事も、たいへんになるのです。


外出はおろか、料理中も、目を離せないし、
酷いときは、トイレに行っている最中に、障子を破いたり、
鍵を開けて、ベランダに出てしまったり。。。

この間は、
ママが、うたた寝をしている間、
ちょっと、ジジが、ゴミ捨てに行ったら、その帰りに、
玄関のドアを開けて、エレベーターの前で、
ジジを待っていました。

1才10ヶ月のミーちゃんが。。。大汗)



結局、こんなことがおこらないように、
家事を後回しにせざるを得ないのです。


世のご主人がた、
そんな、思いで、奥さまが、一日を過ごしているのは、
知っているのでしょうか?



次は、世の奥さま方へ。
続く。。。


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/11

専業主夫として、毎日の家事・育児とともに、
家計の管理も家族を豊かにするかどうかがかかっています。

要は、出費について。


ジジ家では、細かいことを言い合うのは、
なぜか、無言のルールとなっています。

テレビの付けっぱなし、
部屋の電気のつけっぱなしは、当たり前。

エアコンも、一年中、ついてます。


そんな生活習慣が、原因なのか、
ペットボトルのお茶やジュースを買って、呑み残したボトルを
冷蔵庫の中に放置。
どんどん、溜まっていくような状態です。

文具なども、使うたびに、新しいものを買ってきます。
もちろん、100均のものですが、それでも、スティックのりや
ボンド等は、ジジのお道具箱に、溜まっていく状態です。


たぶん、これらの習慣を改善するだけでも、生活は、
豊かになるのかな?

でも、豊かだから、そういうことができるのかな?
なんて、豊かさとは???

と、今さらながら、考えてしまうのです。


ジジが、企業戦士で、仕事ばかりのころは、
ババも、パートをしていたので、家事全般は、ほとんど、
最低限以下の状態でした。


ババが、仕事から帰ってくると、その日の洗濯物を
洗って、干して。
5分程度の掃除機がけ。
その後、
夕飯作り。


毎日の定期的な家事は、それくらいでした。

お風呂場の掃除も、キッチンの掃除も、ほとんどしていなく、
常に、薄汚れたような状態でした。


ジジは、飲食店での勤務だったので、スタッフには、
掃除の徹底は、させていましたし、自分でも、時間を作って、
店内・店外をピカピカにしていました。

たぶん同業者の参考になるくらい。。。


そんな、仕事場から、深夜に帰ってくると、
靴が散らばった玄関。
薄汚れた廊下。
壁の隅に、赤いカビみたいのが、溜まった風呂場。


そんな、環境が、本当に、いやでした。


ババは、
口にはしませんが、家事が大嫌いです。
料理も、洗濯も、掃除も、仕方なくやっている感が、
にじみ出てます。

パート勤めをすることによって、やらない理由を
作っているのではないか?と疑うときもありました。



子供のころから、何を教育されてきたんだろう?と
思うこともありました。

昭和の高度成長期に生まれ、
バブル期に、OLとして、周りに、チヤホヤされ、
気がついたら、主婦。


今でも、仕事場で、まぁ、チヤホヤされはしませんが、
期待をされ、信頼される立場は、居心地が良いようです。


正直、離婚についても、何度も、真剣に考えたことも
ありますし、実際に、離婚届も、未だに、タンスの奥の
どこかにあるはずです。


ただ、
ジジの波乱万丈な人生に、ここまで、付き合ってくれる女性は、
多くはないのかな?と思うのです。

逆に、そんな不器用な女性を何とか、幸せにしてあげたいと
思うようになっています。


だから、
体調を崩したことをきっかけに、ババが苦手な家事全般をするように
なりました。

実際、ジジのほうが、家事全般、
料理も、掃除も、洗濯も、育児も、全部、できるし。。。^^V



ただ、最近、思うのです。

当たり前のように、きれいな部屋。
当たり前のように、時間通りの食事。
当たり前にように、着られる洋服。

それが、快適な生活なのは、わかります。
でも、

「快適」 =「 豊かさ」 ???って。


薄汚れた家から、きれいで快適な家になりました。
でも、
これからは、もっと、豊かさを実感できるジジ家にしようと
思うのです。


そのために、
まずは、無駄な出費を減らす。

たぶん、家族が協力したら、月に、3万円分くらいの無駄を
なくすことができると思います。


ミニマリストのような生活は、望みません。
便利なものや効率が良いものは、勧んで使います。

ただ、ただ、
重複するものや利用せずに廃棄するものをピックアップし、
それらをなくすということ。


家族全員が、頭で、理解するだけでも、
無駄をなくす第一歩になると思うのです。

なので、まずは、
こういうのや
20180530_051939


こういうの
20180530_051955

こういったものを排除します。

※誓い
缶コーヒーのエメラルドマウンテンも、コンビニの130円ではなく、
スーパーの85円のものにします。(同じもの)


孫たちのジュースも、毎日飲ませていたのですが、
ソーちゃんの虫歯が、発覚して、歯医者さんに連れて行ったら、
ジュースは、週に、2回までにしましょう。
と言われたので、

これだけは、ガマンさせます。

3時のおやつも、大袋買いして、
小分けして食べさせようと思います。


そう考えると、たくさんあります。
ひとつずつ、確実に実行していこうと思うのです。

そして、
毎年、沖縄に家族旅行ができるくらいの余裕を作ろうと
思うのです。


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 
 





    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/29

専業主夫をしていて、
家事全般も含め、やっぱり、比重が大きいのは、
育児

朝起きてから、夜寝るまで、ずっと、子供たちのペースに
合わせざるを得ませんよね!?


うちのミーちゃんも、しかり。

ベッドで横になっていると、届かない場所に置いてあるはずの
お菓子やせんべいの袋を枕元に持ってきて、

「あーーっ」
「うーーーっ」と、言いながら、「開けろ!」と、
頭や肩を揺さぶってきます。


また、
トイレに入っていても、ドアの下から、手を伸ばしてきて、

「早く出ろ!」と。無言の圧力をかけてきます。


フローリングモップをかけている時も、
自分やる!という勢いで、汚れるフローリングモップを持ってきて、
一緒に掛け始めます。
20180306_180833

料理を作っているときも、
ベランダで、洗濯ものを干しているときも、
食事中も、
パソコンに向かっているときも、

とにかく、
全てのことに対して、邪魔をしてきます。


それに対して、
特に、横になっているときなどは、
本気で、イラッ!として、怒鳴ることもあります。


でも、
ちょっと、客観的に、気分的に、距離を置いて、観察していると、
ミーちゃんも、ミーちゃんなりに、
一生懸命いろいろと考えているのが、よくわかります。


キッチンの高いところにあるお菓子を取るのに、
洗面所から、踏み台を持ってきて、乗ったり。。。

いたずらしないように、パソコンと壁の隙間に挟んである
フローリングモップをパソコンの下にもぐって、取り出したり。。。

トイレの流す音が聞こえると、ドアに挟まれないように、
一度、離れたり。等々。。。


確かに、イラッとすることも多いのですが、
ちょっと、距離を置いてみると、その成長ぶりに、
違ったポジティブな感情が出てきます。


思い通りに、進まない家事・育児ですし、
邪魔ばかりさせられ、
また、ジュースをこぼしたり、壁紙や障子を破ったりと、
余計なことばかりしていますが、

それでも、確実に子供たちは、成長しているし、親(祖父)のお手伝いを
しようと、がんばってくれている姿は、本当に、けなげです。



自分の仕事や趣味を犠牲にしてまでの育児は、どう?みたいな
ブログ記事やニュースも目にしますが、


ジジは、それら以上に、もっとも大切で、、貴重な毎日を過ごせる
育児」は、最高の生き方だと思っています。


先ほど、ネット上の投稿で、
仕事が休みのときに、保育園に子供を預けようと思ったら、
お休み時くらい一緒にいてあげてください。と断られた。」という
怒りの投稿がありました。

その方いわく、
保育園の規約にそんなことは書いていないし、
安くない保育料を払っているのに、どういうことか!
親だって、たまには、自分の時間を満喫したいんだ!
と、書いていました。

これ、
今の時代では、賛否両論なのでしょうね!?



でも、
ジジの考えでは、このブログに何度も書いていますが、
個を大切にするあまり、
本来の自分のあるべき、立場を理解していない気が
するのです。


そもそも、子供が保育園に行く理由は、
親の勝手な言い分ですよね!?

たしかに、経済的に厳しいのかもしれません。
たしかに、自分の社会的な評価がほしいのかもしれません。
たしかに、仕事がしたいのかもしれません。

でも、
子供にとっては、そんなこと一切、関係ありません。

子供は、少しでも、パパ・ママと一緒にいたいのが、
本音でしょう。



生まれたばかりの子供を保育園に預けている家族は、
一週間のうち、何時間、子供と共にする時間があるのでしょう。

一週間のうち、パパ・ママが作るご飯を何回食べられて
いるのでしょう。


海外旅行に行って、いい車を乗って、マイホームを建てて、
いい洋服を着て、豪華なランチを食べて。。。

たしかに、素敵です。


でも、
生まれてきてからの数年間、そういったことの代償に、
親との大切な時間を削られている子供の気持ちを考えたことは
あるのでしょうか?

子供は、昨日できなかったことが、今日できるようになっています。
そんなことが、毎日のようにあり、その都度、感動します。


そして、それは、何年後、何十年後まで、かけがえのない
貴重な宝物として、記憶に残ります。

そんな、未来への自分へのご褒美は、
豪華なランチよりも、何倍も楽しめます。


たとえ、
しまむらの洋服しか持っていなくても、
イオンの火曜市にしか、牛肉が買えなくても、
たまの外食が、サイゼリヤでも、

子供たちは、パパ・ママと一緒に過ごす時間が、
何よりも楽しい時だと思うのです。

ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/23


「仕事と家事、どちらがたいへん???」


これ、よく目にしませんか???

ネット上でも、賛否両論です。



ということで、
ちょっと、ジジの持論を。。。


大きな話になりますが、

太陽と月。
どちらが、地球にとって、良いことも、悪いことも含めて、
大きな影響を与えているでしょうか?

そんな感じです。


どちらも、無くなったら、人類は、存在できません。
ということは、どちらも、大切なのです。

仕事も、家事も。。。


仕事内容も、職種によって、楽なものもあれば、
たいへんなものもあります。

家事だって、子供がいるいないや住環境によって、
様々です。


それを、どっちがたいへんなんて、ナンセンスです。



ジジは、仕事漬けの毎日も、専業主夫も、両方を経験しています。
中途半端でなく、どちらも、どっぷりと浸かっていました。


だから、言えるのですが、
・パートナーばかり楽している。
・パートナーが、手伝ってくれない。何にもしてくれない。
・自分ばかり、大変な思いをしている。
家族のためにがんばっている。


こういった考え自体が、ちょっと、違うんじゃない?
と思うのです。

ジジも、家庭を顧みず、仕事のことしか、頭に無かった時代は、
「休日くらい、ゆっくり休ませろよ!」と思っていました。本気で。。。

でも、ババからすると、休みの日くらい、子供の相手をして!


正直、月間300時間以上働いていたジジには、
かなり、しんどいことでした。

たまの家族での外出でも、車の助手席で、寝てばかり。
ディズニーランドでは、延々、一人で、カフェの中で、寝ていたり。。。

それは、それで、仕方のないことだとも思うのです。
当時、通常、73kgくらいの体重を58kgくらいまで、減らしながら、
仕事をしていたのですから。


世の主婦さん方に言いたいのは、
旦那さんは、
そんなになるまで、何のために働いているのか?
どうして、そこまで、働く必要があるのか?

そこを考えてほしいのです。
ヘトヘトになって、帰ってくるパートナーを
労わるくらいの心のゆとりを持つ努力をしてほしいのです。

帰る家が、安らぎの場所としてある限り、明日からの仕事も
がんばれると思うのです。


また、今だから言えるのですが、
旦那さんは、仕事ばかりの毎日で、
「本当に、大切なものを見失ってませんか?」 とも、言いたいです。


ジジは、30代前半に、過労と胃潰瘍で、緊急入院したことがあります。
薄皮一枚で、胃が破裂する寸前でした。


その時、看護師さんに、怒られました。

「会社には、あなたの代わりは、いくらでもいるけど、
家族にとって、あなたの代わりはいないんだよっ!
もっと、自分の身体を大切にしなさい!」って。

でも、当時は、
その家族を守もるために、自分の身体を酷使しても、
仕事をしなくちゃいけないんだ!とも思っていました。


でもね、
あれから、20年余り、そんなのは、ただの独りよがり。
だと思うようになりました。


家族は、そんなことを望んでません。
収入さえあれば、一緒にいてほしいのです。

一緒に、外出したり、買い物をしたり、
家事をしたり、話を聞いたり。。。


休日に、邪険にされるのは、
その家族の期待に答えてないからです。

飲みに行く時間があったら、早く帰って、子供とお風呂に入ったり、
夕飯の片づけをしたり、家族の今日の出来事を聞いたり。と。。。

テレビで、
「朝まで、はしごの旅」とかに出ているサラリーマンを見ると、
ほんと、家族を支える責任というのを理解していないな~。と
思うのです。


今の時代、
ジジが、企業戦士バリバリの頃と比べ、労働環境も、
著しく、改善されています。

夫婦が、お互いに、自分の欲求を第一に考えている間は、
円満なんてあり得ないと思うし、離婚もありえるでしょう。


そもそも、離婚って、
どちらか一人が、もしくは、両方が、
家族以上に、自分勝手な行動をし続けているという原因が、
多いのではないでしょうか?
すべてではないです。。。


パートナーや子供の欲求を満たすことが、自分の生きる喜びくらいに
考えられるようになってほしいものです。


家族との時間を割いて、
高額の電車やフィギュアに没頭しているなんて、
家族を持つ資格なんて無いと思います。

それでも、やりたいなら、夜中に睡眠時間を削って、
自分のお小遣い範囲内で、家族が寝静まってからするべきですよね!?


ジジが、近い将来のために、こうやって、
深夜にブログを書き続けているのも、
家族には、まったく興味の無いことです。

だから、たとえ、それが、近い将来の家族のためであっても、
家事を犠牲にしたり、家族のためにがんばってるんだ!
なんて、言いませんし、
睡眠時間を削って、家族に迷惑を掛けないようにしています。

【まとめ】


「仕事と家事、どちらがたいへん???」

というタイトルですが、
ジジの持論では、そんなこと、どうでもいいし、
比べるものでもないと思うのです。


お互いが、お互いを尊重し、助け合うことが、
夫婦であり、家族だ。
と思っているのが、答えです。


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
   




    このエントリーをはてなブックマークに追加
主夫ジジの自己紹介
c6e8e3a6
【主夫ジジの自己紹介】
○生年月日:昭和の五輪ごろ。
○血液型 :一般的な型。
  もっと見る?>>>  

ジジ家の家族紹介>>>
専業主夫になった理由と現実>>



●主夫ジジの別サイト
東京周辺の話題のスポットや人気イベント情報サイト~Tokyo My Soul Town>



記事検索
RSSフィールド