お金のこと

2018/06/02

いきなりですが、
子供に、お金の教育ってしてますか?

本当は、義務教育で、してほしいとも思うのですが、
それは、延々にないでしょうね!?

以前、自営業をしていたとき、開業後、半年ほど、
経営の危機があり、様々なビジネスセミナーを受講しました。

その中の一つに、
お金の教育は、父親がしましょう。というものがありました。



さて、
専業主夫をしている男性方は、お子様に、お金の教育をしっかりと
出来るでしょうか?


毎月もらったお給料の中から、
・目に見える支出。
・目に見えない支出。
・過去の取引の支出。
・未来への支出等々。。。

わかりやすくした支出だけでも、様々なものがあります。

また、以前のブログ記事「専業主夫のお金のこと」にも、書いたことがありますが、
支出をする前に、
・ほしいもの
・必要なもの
の違いを知る。などなど。。。

お金2 (2)


今まで、会社員として、仕事をしてきた専業主夫の方が
ほとんどだと思いますが、

そんな会社員時代は、
会社が、社会保険料や税金、年金、財形貯蓄、持ち株、等々、
全てをやってくれていた方が多いと思います。

ジジも、毎月、総支給額から10万円ほど、天引きされていました。

しかし、
これから。もしくは、すでに、専業主夫としてやっていくためには、
その内容や金額の明細くらいは、理解し、
お子様のお金の教育に役立てるのも必須ではないでしょうか?


お金2 (1)



10年後、20年後には、多くの職業が、AIによって、人からロボット等の
マシンに代わるのは、目に見えてます。


その時、お金の勉強をしている、していない、
で、大きな差が出ると思うのです。


なぜかというと、
人口に対しての会社員の割合が減るのではないでしょうか?。
そうすると、個人経営の人や在宅ワークの人が増えると思うのです。

また、
今まで以上に、リストラの可能性も、多くなる???

もちろん、ジジの思い違いかも知れませんが。。。



どちらにしても、以前から、騒がれている終身雇用なんて、
もう、誰も、頭の中には、なくなっているはずです。


そうなると、保険のこと、税金のこと等々を自分で
やらなければなりません。

また、お役所さんは、
こちらから問い合わせをしない限り、それらについての
制度や控除・免除なども、教えてくれません。

なんども、なんども、たらい回しにされるのは、誰もが、
経験したことだと思いますが、それでも、聞き続けるくらいでないと
大きな損をします。




そして、
支出のほかに、重要なのが、収入です。


昨今、副業を承認する企業が増えてきています。
なぜなのでしょう?

企業にとって、メリットより、デメリットのほうが大きいと
思いませんか?

自分が、社長だったとして、副業を承認する理由を
考えてみてほしいです。

ちょっと、恐くなります。。。汗)



収入について、
専業主夫家計簿。収入源は、複数持ったほうが、安全です。」

また、次回に。。。


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/10

本日は、孫たちを寝かしつけた後、

ネットサーフィンをしていたら、こんな記事がありました。


「お父さん方の給与とお小遣い、
共に上がった!? 実情を新橋で聞いてみた」


その中で、


お小遣い月5万円、食品製造業に勤める40代の方

お小遣い月3万5000円、事務職の40代の方

お小遣い3万円程度で、商社勤務の50代の方

お小遣いが月7万円から5万円に下がったという、営業職50代の方




というインタビューされた方のお小遣い事情が、書かれていました。

これが、
サラリーマンが、大半の日本では、当たり前の
答えなのでしょうね!?


実は、
ジジも、仕事人間のときは、上の方々以下でした。

飲食業なので、毎日、賄いが出るので、食事代は、0円。


朝起きて、すぐに、出勤し、深夜に帰宅するので、
飲みに行ったり、遊んだりというのも皆無。


ただ、
ヘビースモーカーだったのと、
異常な缶コーヒーマニア(マックスコーヒー信者)だったので、
お小遣いは、毎朝、玄関に置いてある500円玉1個でした。

41-JNOLU9SL__AC_UL160_SR160,160_
当時のマックスコーヒー


その生活を10年間。

でも、
なんの違和感も、不満も、ありませんでした。


そもそも、自分の給料がいくらなのか?
自分の給料が、どこの銀行のどの口座に入っているのかも
興味なかったのです。

今の仕事、今の会社が、自分の生きる道であり、自分を最大限に
活かせる環境だと思っていました。


心の底から、
「国内の店舗を1000店舗にし、日本人の食文化を
豊かなものにするぞ!」
って、思ってました。



今でも、思うのですが、
外食費用って、家計にとって、かなりの負担ですよね!?

一回の家族の外食で、万札が、普通に飛んで行っちゃいます。

・安い自転車を買えるくらいです。

・マックスコーヒー約100本分です。 ^^;



それが、一回の家族の外食で、3,000円未満で済ませられたら、
その分、レジャーや娯楽に使えるし、豊かになると思っていました。

もちろん、家庭では、作れないプロの味で。。。


また、たとえば、
最初のインタビューの会社員の人たちも、
毎日、しゃけ弁当や牛丼みたいなものばかりでなく、

ランチコースとか、フレンチとかを毎日、食べられるわけです。


そして、休日には、家計を気にせず、レジャーなどを
思いっきりエンジョイできるわけです。



確かに、そのチェーン店は、2018年現在、
全国で、1000店舗になりました。

でも、違う!!

先代の社長が、掲げていたビジョンとは、違う!


今や、学生のたまり場。

米も、まともに炊くことが出来ないアルバイトが、
「おいしい」という定義も知らないで、積み木遊びかよっ!
って、感じの仕事をしています。


やっぱり、
壮大すぎるビジョンは、実現できないのだな。。。と思ったのです。





まぁ、それは、さておいて、

一般的には、賞与と毎月、ほぼ決められた収入の中で、
どのように、やりくりしていくか?

これに尽きると思います。


ただ、
光熱費を節約し、食費を節約し、お小遣いを減らし、等々。。。


逆に、万が一のために、
生命保険の積み立てを増やしたり、
子供の将来を考え、学資保険を増やしたり、

どうせ買うなら、
同じ車種の中でも、一番グレードの高い車を。。。

せめて、寝るときくらいは、贅沢したいと、高価なベッドを
買ったり。。。




いやっ!
ちょっと、待ってくださいね。


家計を支えていく上で、最重要なのは、

「必要なもの」「ほしいもの」はっきりと区別することです。


そのボーダーラインは、人によって、様々ですが、

その都度、目の前の買いたいものをみつめて、

「これは、自分にとって、必要なもの?ほしいもの?」と、

考えるだけでも、次に、つながります。




現在、多くの主婦さんたちが、節約というと、

まず、
食費を削ろうとしています。

毎日の食費は、確かに、負担が大きいです。

でも、
そのために、必要なものまで、削っていることはないでしょうか?

また、長ネギを1本だけ使う夕飯に、
1本98円。 3本束は、268円と安いから、3本束を買う。

これって、よくありますよね!?


でも、
たいがい、残り1本は、使いきれず、ゴミ箱へ。。。

もしくは、無理やり、長ネギたっぷりの味噌汁を作ったり。。。

これ、
結構な無駄です。


ゴミ箱に捨てるのは、もったいない。というは、
誰でも、わかることでしょうが、

入れる必要のない長ネギをたっぷり入れて、
無駄にしなくて良かった♪ と、安心してませんか?


はい。
入れる必要のないということは、入れなくていいということ。
多く入れた分だけ、買う必要がなかったということです。


この長ねぎの件は、一例ですが、
毎日のお買い物だけでなく、日々のあらゆる出費に関係します。



特に、
生命保険とマイホーム。

※改めて、これは、ジジの偏見です。
 変わり者のジジ。
 年とともに、社会に適合できなくなっているジジの
 見解ですので、大きな気持ちで、読んでください。



まずは、生命保険。
これは、身近なところで起こった事実で、
多くの方が、このような同じ道を歩むと思っています。

26年前、ジジとババが、7年間の交際を経て、結婚しました。

その3ヵ月後、
義理の父が、事故で、他界。

義父は、大手航空会社のエンジニアだったので、
億単位の保険金が、それまで、専業主夫をしていた
義母に入りました。

それまで、高度成長期に建てられた団地、
俗に言う「ウサギ小屋」に、長年住んでいた義母は、
大きな新築一軒家を建て、

二人姉妹のババの姉夫婦にも、一軒家を購入しました。


ジジは、まだ、若かったし、仕事上でも、
天下を取るつもりだったので、遺産放棄しました。



その後も、高額な家具や電化製品を購入し続け、
身の丈に合わない生活を続けた結果、

自宅の維持費を賄えなくなり、千葉県の畑ばかりの地区の家に、
引っ越す羽目になりました。

また、姉も、生活レベルが一気に変わったことで、
夫婦間の価値観の違いが表面化し、離婚をしてしまいました。


今では、
たぶん、預貯金は、ほとんどないでしょう。

80才を過ぎ、病気ばかりをしていて、年中、介護の世話になっている
姿を見ると、身の丈に合わないお金を得た人間の
結末なんだな~。と思うのです。

俗に言う、宝くじを当てた人の結末と同じようになりました。


多くの家庭で、名目上、大黒柱のご主人には、
高額の生命保険をかけている家庭も少なくないと思います。


でも、
保険金を5000万も、8000万も、かける必要はないと、
ジジは、思っています。

お国のあらゆる制度を利用すれば、結構な生活が出来ます。

子供の学資保険も、
高校無償化の流れの中で、毎月数万円も、
かける必要はないと思っています。


専業主夫として、
大切なのは、今の生活を豊かにする工夫。

収入は、人並みであっても、食事がお粗末とか、
異常に、光熱費を制限するとかの貧乏な生活スタイルという
スパイラルから、脱却しつつ、無駄をなくし、効率よく、
快適な環境を作ること。

これは、
生物学上、女性脳より、男性脳のほうが優れていると思います。




つぎに、マイホーム。

もう、お分かりだと思うのですが、今の生活を貧困にしてまで、
マイホームの価値は、ありますか?


自分の家を持つこと。
すばらしいかもしれません。


でも、毎月98,000円を35年。(例)

おーーっ、
今の家賃より、安く済むし、35年後は、自分のものに
なるんだよな~。



そうやって、
みなさん、一世一代の夢を叶えることが出来るのです。

頭の中では。。。



でも、
小さな子供が大きくなり、部屋がほしい。
成人して、家を出て行く。
娘が、離婚して、実家に帰ってくる等々、汗)

当たり前のことも、想定外のこともあるのが人生です。

その都度、リフォームも必要でしょう。

10年、15年経てば、床や壁、屋根等々の
経年劣化もあります。

その都度、
大きな出費が家計を打撃してきます。


マイホームは、すばらしいとも思います。


しかし、
夢の実現だけに、無理をせず、確実に後悔しない
プランニングをしていきましょう。




いかがでしょうか?

今回の記事で、一番言いたいことは、


「必要なもの」「ほしいもの」はっきりと区別する。

ということでした。



専業主夫として、
長ネギからマイホームに至るまで、
あらゆる出費を考えて、行動に移しましょう。

また、
奥さまの既存の収入のみを考えるのではなく、
専業主夫をしながらでも、自分でも、出来る収入源を見つけ、

家計の足しにしていくことも、選択肢の一つだと
思います。


専業主夫の在宅ワーク一覧 >>>



ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
   
    



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/07

今月は、

家計が、超ピンチ!


専業主夫として、頭の中で、食費と消耗品、その他・・・。


ある程度、
計算して、お買い物をしています。

はい、
家計簿は、ノートを買ったり、
スマホに、アプリをインストールしたりと
チャレンジしましたが、3日も続きませんでした。


そもそも、家計簿つけるほど、複雑じゃないし。。。


お買い物のほとんどが、クレジットカードか
ポイントカード。


クレジットカードとか、ポイントカードって、
使い方によっては、利息とか付かないし、
ポイントも、貯まるので、

現金払いより、お得です♪


一番のお得なことは、明細がはっきりわかること。


いつ、どこで、いくら使ったか。
まさに、家計簿の出金欄が、一目瞭然状態。


今は、そんな明細が、リアルタイムに、スマホアプリで、
見られますからね♪



なので、
意識しているのは、現金で購入したもののみ。
レーシートの金額とポイント数を一応確認して、

一週間だけ、取っておきます。


何に、利用するわけではないけれど、
お財布や口座残高を見たときに、

あれ?何に使ったかな?

と思ったとき、レシートを見れば、モヤモヤが無くなりますし、
ちょっとした、反省材料にもなります。


で、
今月、ある意味、計算どおりなのですが、
超赤字です。

カナちゃんの入学準備や突然の月極駐車場の閉鎖で、
新たな駐車場の契約等々、

毎月の予算より、10万円くらい多い出費でした。


月初めから、わかっていたことなので、
極力、節約していて、

何とか、今日まで、
余計なお金を引き出さなくて済んだので、
ちょっと、安心していました。


というのは、
予定では、本日、傷病手当金をいただけるつもりだったのです。

もう、朝早くから、銀行口座のアプリを何度も開いて、
預金残高を見ているのですが、
一向に、振り込まれている形跡がありません。


いや~、
朝から、お出かけして、
新しい襖や障子紙、壁紙、カーペット、
キンリョウヘンの株分け用の鉢、
ラブリコ、等々、

まとめ買いしたかったのに。。。


昨日の晩から、明日の予定を考えてました。

まずは、
朝、家族が、出かけたらすぐに、
トイレの便器を陶器専用コーティング剤で、
コーティング。

これ、乾燥させるのに、最低でも、半日くらいかかるんです。



その後、コンビニで、お金を引き出して・・・。

これ、毎月3回まで、無料で引き出せます。



その足で、ホームセンタードイト。
ちなみに、ジジは、
ドイト・カインズ・ビバホーム・シマチュウホームズが、
大好きです。

特に、ビバホームの中でも、スーパービバホームは、
まさに、天国です。

ただ、
近所にないので、半年に、一回くらいしか行ってません。


あと、天国を通り越しているのが、

ジョイフル本田。

もう、一日中居られるどころか、
寝泊りしたいくらいです。 (笑)



で、
ドイトで、襖や障子紙等々を買い揃えて、

一旦、家に帰って、
昨日、アマゾンから届いた
メダカの水槽のポンプのフィルターを交換し、

キンリョウヘンの株分けをして・・・・。

とまぁ、
しっかりと、頭の中で、タイムスケジュールを
組んでいたのですが、


あれ?
ママが、家にいる。。。

えっ、
パート休みらしいです。

トイレのコーティング、ムリッ!!


スマホアプリで、口座を確認しても、
残高、変わってない!!

お買い物できない。



朝一番から、計画の全部が、お流れ。。。。


かろうじて、
メダカの水槽のフィルターだけ変えました。
20180507_143352





あとは、
もう、なんにもやりたくない。。。

ミーちゃんも、こんな感じだし。。。
20180507_104603
ジジの枕の中身をひっぱり出してます。


20180507_125602
急に、おとなしくなったと思ったら、
窓際で寝てました。





夕飯も、知らない!

もう、
こうやって、ブログに、ストレスをぶつけるしか
やることない!


明日は、口座に入ってるかな???



ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
   
  主夫ランキング        主夫ブログ村






    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/01/01

専業主夫として、

家計簿をつけたり、レシートを整理したり、
通帳残高を気にしたりと、いろいろなお金のこと。。。

考えてませんか?


まぁ、ジジは、ほとんど、皮算用ですが。。。


ただ、
今日、何気なくYahooのトピックを見ていたら、

・冷蔵庫は、ガラガラ。
・でも、冷凍庫は、いっぱい。
・献立は、前もって考えない。

という節約術を見て、ジジと一緒だ♪

なんて、自分に、言い聞かせてました。 ^^;



さて、本題です。

 【専業主夫が身に付けたいお金のこと】   


まずは、

  • お金の流れをわかりやすく、バスタブに例えてみる。
  • 蛇口を増やすということを考えてみる。
  • 主夫に必要なファイナンシャルリテラシーとは?
  •  



    お金の流れをわかりやすく、バスタブに例えてみる。



    家計の収入と支出。。。
    バスタブに、例えるとわかりやすくありませんか???

    専業主夫のバスタブ

    ・収入=蛇口の水
    ・支出=排水口の水   って!

    日本人のほとんどは、
    会社員とお給料をもらっている人。

    約85%が、そのようです。


    ということは、バスタブに入れる蛇口の水(収入)は、いつも、一定。
    主婦主夫という家計を管理している人は、
    排水口を小さくして、排水する水(支出)を少なくするしかないのです。


    でないと、
    いつまでたっても、バスタブは、溜まりません。


    ということは、
    支出の詳細を理解して、買い物やレジャー、ローン等々、
    常に、金額とにらめっこになってしまいます。




    子供の頃から、そういった環境下で過ごしているので、
    なんとも思わなくなっているのですが、

    それって、改めて、考えると、ちょっと、むなしいと
    思いませんか???


    ジジは、思うのです。


    もし、蛇口が、3つあったら・・・、と。



    ・蛇口を増やすということを考えてみる。

    1、奥様の収入。(労働)
    2、専業主夫の在宅ワーク。(半労働)
    3、その他の収入(不労)

    ってな、感じで。。。


    そういったことを、学習するのを、専門用語で、、
    ファイナンシャル リテラシー」を身につけると言うそうです。

    ファイナンシャルリテラシーとは?

    ファイナンシャルリテラシー(Financial Literacy)とは、直訳すると「お金に関して読み書きできる能力」です。より具体的に言うと、「お金に関して理解し、適切な決定と行動ができるようになるためのスキルと知識」。




    日本の教育では、
    大人になるまで、誰も、教えてくれないお勉強です。

    残念ながら、日本では普通に生活していて

    ファイナンシャルリテラシーを身につけることはできません。なぜなら、お金の教育は義務教育の内容にも入っていないし、そもそも親や教師にファイナンシャルリテラシーがないからです。
    というより、一生、知らないままで居る人のほうが、多いのかもしれません。




    こちらの書籍には、


    金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント


    「クワドラント」というお金を得る世界には、
    4つの世界があると書いてあります。




    サクッと、
    ・Eクワドラント・・・サラリーマンやOLのような雇われる世界
    ・Sクワドラント・・・スモールビジネス(主に個人事業主)
    -------------------------------------------
    ・Bクワドラント・ビッグビジネスオーナー(主に大企業の社長)
    ・Iクワドラント・・・主に投資家・資産家




    Eクワドラントは、時間も、給料(生活レベル)も、
    会社が決める。その限られた中で、生活している。


    ・Sクワドラントは、稼げば、稼ぐほど、生活水準は上がるが、
    仕事が忙しくなり、プライベートの時間が減っていく。

    ・Bクワドラントは、お金を稼ぐシステムを作り上げれば、
    あとは、Eクワドラントのような人たちが、ずっと稼ぎ続けて
    くれる。

    ・Iクワドラントは、お金や生活に余裕があり、マネーゲーム的
    に、お金を扱い、増やしていく人達。

    ※ <-----------> の線は、労働するか、しないか?
    の線です。



    いかがでしょうか???


    専業主夫の世界とは、かけ離れた話しように感じますが、
    多少、時間の都合がつけやすい専業主夫だからこそ、
    出来ることも。あるのかな?
    と思うのです。



    現実的に、

    1.奥様の収入。
    2.インターネットでの収入。
    3.株や投資信託等々。

    これくらいの収入源なら、遠い夢の話ではないですよね!?



    もっと、詳細を公開すると、

    ・奥様の収入で、普段の生活費をまかないます。
    ・インターネット収入が、10万円を超えたら、半分の5万円を投資に廻します。
    このときは、投資信託が良いかもしれません。

    毎月、5万円が家計にプラスされて、
    なおかつ、
    毎月5万円ずつ投資金額が増えていくのです。



    もちろん、
    ネット収入のほうも、稼ぐシステムが、
    出来あがってしまえば、始めた頃よりは、大変では
    ありませんし、
    いつまでも、ネット収入が、10万円では、満足できないと思います。



    ただ、
    そんな中でも、
    ファイナンシャルリテラシーで、
    もっとも、必要なのが、

    「ほしいもの」
        と
    「今、必要なもの」

    を明確に区別できるようになることだと、
    ジジは、思っています。

    ※重要※
    生活レベルを上げるのは、奥様の給料よりも、それ以外の
    収入が、多くなってからのほうが、良いです。


    せっかく、蛇口が、3つになっても、
    排水口が、広がっていたり、複数になっていては、
    バスタブは、溜まりませんからね♪

    これ、かなり、覚悟が必要です。
    だって、今まで、ほしくても、ガマンしていたものが
    買えるようになってしまうのです。

    でも、
    そこは、
    「労働所得」 < 「それ以外の所得」

    になるまで、ガマンしましょう!



    こんな感じで、
    表の顔は、何とか家事をこなす専業主夫で、
    実は、ほぼ、BとIクワドラントだった。

    なんて、
    かっこいいですよね♪



    ダイジェスト的に、
    お金のことを書いてみましたが、

    まずは、
    地道に、将来のために、今、出来ることをやってみては、
    いかがでしょうか?



       
      主夫ランキング        主夫ブログ村





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    主夫ジジの自己紹介
    c6e8e3a6
    【主夫ジジの自己紹介】
    ○生年月日:昭和の五輪ごろ。
    ○血液型 :一般的な型。
      もっと見る?>>>  

    ジジ家の家族紹介>>>
    専業主夫になった理由と現実>>



    ●主夫ジジの別サイト
    東京周辺の話題のスポットや人気イベント情報サイト~Tokyo My Soul Town>



    記事検索
    RSSフィールド