育児

2018/07/16

6才になったソーちゃん。
来月で、2才になるミーちゃん。

>>>専業主夫ジジの家族紹介。



最近、ソーちゃんは、
発達障害なんじゃないか?なんて、思うことがあります。

・毎朝、幼稚園に行く前の用意が、毎回、遅すぎる。
・自分の思い通りにならないと、大泣きをする。
・毎回、空手に行く前に、グズグズと泣きべそをかく。
・夜中に、夢を見て、大泣きをする。
・毎日、同じことを言い続けすぎるくらい言っても、出来ない。
・普通に、お約束を守れない。

こうやって、文章に書くと、
どこにでもいる6才の子供のことみたいですが、
とにかく、限度ってモノがると思うのです。


上記のことが、もう、2年くらい続いているのです。
そして、何一つ、出来ないのです。



パパも、ママも、いつも、家にいないという
バックボーンのせいなのか?

単純に、知能指数が、低いのか?

甘やかしすぎなのか?

なんて、本気で考えてしまいます。



足し算や文字を覚えたり、恐かった高いところを克服したり、
毎回、公園で、新しい友達を作ったり・・・と、

それなりの成長は、しているのですが、
やっぱり、当たり前に出来そうなことができないと、心配です。


思いっきり、抱きしめたり、
思いっきり、褒めたりして、少しでも、両親がいない寂しさを
補っているつもりですが、
正直、子供にとっての「母親」という存在は、大きいものだと思うのです。


将来、立派な大人にしようとは、思っていません。
ただ、
両親のように、後先を考えずに、その場の感情で行動して、
自分で、自分の首を絞めるような人生だけは、送ってほしくないと思っています。

6才と言っても、
空手道場での稽古風景を見ていると、やっぱり、まだ、まだ、小さいし、幼いです。

あせらず、
ゆっくりと、成長を見届けていくことがベストなのかな???




そして、
ミーちゃん。

ママも、兄弟の2番目ということで、負けず嫌いの気の強い女の子に
育っています。

気に入らないことがあると、4才年上のソーちゃんの、頭を叩いたり、
髪の毛をひっぱったりして、泣かすこともちょくちょく。。。


ジュースがほしい。
お菓子がほしい。
アンパンマンのビデオを見せろ!
これは、嫌いだから、絶対に食べない!

これらの欲求をかなえられないと、天地がひっくり返るくらい、
おもいっきり、カンシャクを起こし、いつまでも、大泣きします。

また、手の届くものは、ありとあらゆるものを崩壊します。
テレビを倒す、障子や襖を破く、お財布やバックの中身を全部出す。

数日前は、ベランダに出て、保険証入れの中身を全部ばら撒いて、
診察券や保険証を拾うのに、たいへんな思いをしました。

嫌いな食べ物は、絶対に食べない。
口をこじ開けて、無理やり、放り込んだりもしますが、
絶対に、食べません。

いろいろな物を食べさせたいのですが、
食に関しては、冒険しません。


基本、納豆ご飯か、ふりかけご飯ばかり。。。

もちろん、いろいろと工夫もしているのです。
食べたくないご飯しか、絶対に、テーブルの上に置かない。
どんなに、おなかが空いても、それ以外は、出さない。

それを食べ終わるまで、片付けない。

などなど。。。


もう少し、大きくなったら、出来るようになるのかな???

とにもかくにも、
子育てが、こんなにも、たいへんだとは、つくづく、
世の母親って、偉大だな。って思うのでした。

ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 
 





    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/07/04

先だって、
離婚が決定した娘夫婦。

いろいろと、面倒な手続きが多いみたいです。



離婚後の養育費

元ヤンキーの旦那(現在進行形???)が、
子供たちが成人するまで、養育費を払い続けるか疑問とのことで、
確実に、支払えるように、調停での手続きをしています。

その際の旦那の本籍の千葉の役所に行ったり、
家庭裁判所に行ったりと、ほとんど、たらい回し状態のようです。

まぁ、ジジから見たら、自業自得なのですが、
夫婦して、家庭を持ち、親としての自覚が足りないと思っています。

たぶん、旦那も、ママも、一生ムリだろうな。。。


ってか、
法廷での決定した養育費が、毎月6万円だけですって!


ママと孫二人と同居しているジジとババ。
確実に、経済的なしわ寄せが、ジジ家に廻ってくるのは、確実です。


それと、昨年引っ越してきた今のマンションは、旦那名義。
いろいろ調べると、手続き上、退去して、新たに初期費用を払って、
仕切りなおしか、
このまま、名義変更だけで済むかは、大家さん次第とのこと。

など、など、
親からすると、娘夫婦の身勝手な離婚で、子供たちばかりか、
両親まで、大きなストレスがかかっている状態です。


今後の育児

親(ジジ)バカなのは、承知ですが、
自分たちは、さておき、
孫二人には、父親がいなくなる分、
不自由なく、たくましく、育ってくれることだけを考えて、
育てていこうと思っています。

ママ曰く、
母子手当てや児童手当、自分のフルタイムの仕事があれば、
今までの旦那の無駄遣いからの借金がなくなるので、
今までよりも、経済的に、ゆとりが出来るとのこと。

でもね、
無駄遣いは、旦那だけじゃなかったし、
玄関を占領しているサンダルやブーツ。
押入れに貯まっているバッグ。
テーブルの上に、いつも、置きっぱなしにしている飲みかけのペットボトル。

これらを見ると、収入が増えても、
その分、支出も増えるのは、誰が見ても、わかる状態。


小学生の頃から、
人生ゲームやキャッシュフローゲームなどを通して、
ファイナンシャルリテラシーは、教育してきたので、
頭では、理解しているのですが、
とにかく、親の言うことを聞くということに、
反発しているので、行動が伴わないのです。


心身共に、どん底を味わうくらいの痛い目に合わないと、
頭と行動が、一致しないのでしょうね。

実は、
ジジ、ババは、そのあたりも、リアルに、計画済みです。

とにもかくにも、
家事と育児全般は、ジジが、しっかりとやっていき、
孫たちには、常に、背中に大きな存在がいて、自分たちを
守ってくれているというゆとりと自信を持って、成長していけるように
します。



15年ぶりくらいの緊急事態

15年ほど前、
整体院を独立開業し、半年が経った頃、
オープン時の繁忙期も終わり、
収入が、減る。というより、無くなった時期、

家賃も、食費も、光熱費も、払えなくなり、
電話・電気・ガス・水道と、立て続けに止まってしまい、

100均で買った懐中電灯で過ごし、
卓上コンロで、インスタントラーメンを作り、
なけなしの小銭で、銭湯に行った時がありました。

当時の心境です。↓↓↓
専業主夫になった理由と現実2 【まじめに】~その2


あんな、思いは、二度としたくありません。


と思っていたのですが、
ジジ家は、東京ガスのガスと電気を使っています。

口座引き落としでの支払いをしているので、
普段は、支払いのことなど、気にしておりません。


ただ、
4月あたりに、傷病手当金の振込み銀行を変更したことも、
忘れてました。


毎月、入金されるはずの手当金を
他の銀行口座にしたということです。


一昨日の月曜日、ソーちゃんの幼稚園のお迎えに行き、
そのまま、公園。

そして、空手の道着だけを取りに家に帰って、
すぐに、空手道場へ行き、
帰宅したのが、18時過ぎ。。。

ソーちゃんに、
「手を洗って、後片付けしたら、お風呂に入っちゃいな!」と言いつつ、
夕飯の用意をしようとしていたら、


ソーちゃん:「ジジー、お湯出ないよ!」

ジジ:「えっ?」


うちのマンションは、給湯器が、お風呂や洗面所と反対側の
ベランダにあり、その距離、10メートル以上。
お湯が出るまで、1分以上かかります。

なので、しばらく待ってれば、出てくるよ。と言ったのですが、

あれ?ガスコンロも、火が点かない・・・。


これは、確実に、ガスが出ていない。


最近、地震が多いので、この付近にも、知らない間に地震が来て、
安全装置が働いたのかな?


ちなみに、ジジは、飲食店の管理職経験者なので、防火管理責任者の
資格を持っていて、ガスや火元の緊急時対策は、知っています。

とりあえず、
玄関脇のガスの元栓を見に行ってみると、
大もとのバルブが閉まっている。

なおかつ、
バルブが固定されていて、開栓出来ないようになっている。

あれ???


なんとなく、ドアの郵便ポストを見ると、
ポストのフタに何か、挟まっている。

はい。

「ご不在のため、やむを得ず、供給停止しました。」

などの、お手紙さんが数枚。。。


入り口に、セキュリティーロックのあるマンションなので、
通常のポストは、マンションの入り口の横。

普段、ドアのポストなんて、見ないのです。



急いで、東京ガスさんへ電話をすると、この時間での対応は、
翌日になるとのこと。。。


夕飯どうしよう。。。

お風呂どうしよう。。。

緊急事態!!

でも、
過去の経験が、役立ちました。
苦労したことって、後々、役に立つものですね!?(笑)


夕飯は、冷凍庫にあった鶏肉を出して、
五目チラシの元を、
目の前のスーパーで買ってきて、炊飯器で、炊くだけ。
ついでに、インスタントのお吸い物も付けましょう♪


お風呂は、水を入れた大きい鍋を卓上コンロに乗せて沸騰させ、
水を入れたバスタブに投入すること、8回。

ちょうど良いお湯加減になったのが、
40センチくらい貯まったときでした。

その状態で、
ジジは、そでとすそをまくり、孫二人をお風呂に入れて、
シャワーの代わりに、桶にバスタブのお湯を入れて使い、
無事、終了。


ジジと孫二人で、夕飯を済ませた後、
ババ・カナちゃん・ママと帰ってきて、夕飯を食べた後、
その3人で、銭湯へ。

そのついでに、コンビニで、
ガス料金の支払いをしてもらいました。


ジジは、孫二人を寝かしつけた後、
バスタブに残ったぬるいお湯で、お風呂に入りました。



補足として、
いつも、愛用しているウォータースタンドでは、大量のお湯は、
ムリでした。
2リットルくらい出すと、水になってしまいました。

それと、電子レンジでのお湯作りは、中に、タオルを入れて、
熱伝導を良くしても、5リットルを沸騰させるのに、
20分以上かかりました。



ということで、
ジジ家は、地震などの天災が起こっても、
大丈夫なようです。^^V


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/25


楽な主婦・主夫業

専業主夫をはじめて、早一年。

家事全般として、炊事・洗濯・掃除等々。。。

ネット上や世の旦那様の思いでは、楽な仕事だと
言われていることが多いですね!?

たしかに、
自分の思い通りのタイミングで、家事全般を出来れば。

それと、
子供が、自分の事がある程度出来るようになった
小学生くらいまで、大きくなったときなども、ひと段落するのかな?
と思うのです。

やはり、専業主婦・主夫が、大変な時期は、子供が、小さいときが、
踏ん張りどことかな???



孫ふたりの育児


ジジ家は、今、
今月6才になったソーちゃんと1才10ヶ月のミーちゃん。
たぶん、
長い専業主夫の生活の中で、一番、大変なときだと思います。

ソーちゃんの幼稚園の準備から、イベントや集まり、
習い事までの送り迎え等々、まだ、まだ、ひとりで出来ることって、
限られてます。

また、
まだ、まだ、甘えたい時期でもあります。
それでも、頻繁に、自分の主張が通らないと、地団太を踏むこともあります。


ミーちゃんは、ミーちゃんで、
当たり前ですが、身の回りのことを、すべて、面倒見る必要があり、
少しでも、目を離すと、面倒なことばかりしでかしまし、
かまってほしいときに、かまってあげないと、機嫌を悪くし、
大泣きして、手が付けられなくなります。


朝、起こすとき。
着替えのとき。
朝ごはんを食べさすとき。

お昼までの時間。
お昼を食べさせるとき。
お昼寝をさせるとき。
    ・
    ・
    ・
これら、全てが、大人の思い通りに進みません。
また、つきっきりでないと、終わることがありません。

そ合間を縫って、

食器の片付けや洗濯機を回したり、
掃除機をかけたり。。。

これが、ミーちゃんひとりだったら、まだ、融通が利くでしょう。

そこに、
幼稚園から帰ってきたソーちゃんが、加わると、

公園で遊びたい。
お菓子食べたい。
ジュース飲みたい。
ケータイやりたい。
空手行きたくない。
等々。
それらをごまかすために、幼稚園であった出来事を親身に、聞いてあげたり。。。

その間に、ミーちゃんが、ベランダに出て、サンダルを4階から下の落としたり、
冷凍庫を空けて、中身を全部出したり、障子に、身体ごと突っ込んだり。。。

その都度、
いらいら。。。
その後、深呼吸をして、自分自身に、
「ここまで、大きく育った何だな~。」
「半年前は、まだ、立つことさえ出来なかったんだよな~。」
と、言い聞かせて、
予定の夕飯の買い物や洗濯物を取り込むのを中断して、
後片付けをします。


こんなことが、毎日です。


会社員時代と専業主夫の大きな違い

20代後半から、まともに始めた会社員時代。
いきなり管理職となり、それ以降、何度か転職を繰り返しましたが、
ほとんどが、中間管理職だった身。

現実的な目標より、少し上の目標計画を立てて、
いかに、その数字を達成させるか?
それが、仕事の核となっていました。

もちろん、今のように、サプライズな想定外の事件も、
数え切れないほどありましたが、
それでも、最終的には、自分の立てた計画を全うすることが、
「仕事」でした。

しかし、
毎日の専業主夫業。(「業」って、好きではないのですが・・・。)
目標計なんて、作れませんし、100%の答えなんかありません。

思考回路を仕事バージョンにしたら、なにもかも、達成できない
ヘタレ管理職です。

かろうじて、単発的な
「今日は、お風呂掃除を徹底的にやるぞ!」とか、
「明日は、破壊された網戸を修理するぞ!」

などの計画ともいえない計画を実践出来たときに、達成感はありますが、
主夫業って、それが、答えなのかもわかりません。

毎日が、
ただ、ただ、見えない答えと将来の形ではない見返りを求めて、
ひたすらに、目の前の出来事をクリアしていくばかりです。

一時は、マテリアルハンドリング(作業の効率化)や
ベストプラクティス(無駄なことを無くす。)なんてのも、
考えたこともありましたが、

すべては、「育児」がメインの主夫。
計画通りには、運びません。

今、考えているやり方は、
時間の空けられるときに、あれをしよう。
あの時、やろうと思って出来なかったことを今がやるとき。
などと、
企業レベルの思考回路ではなく、商店のオヤジさんの思考回路に
切り替えてます。


別に、月間ノルマがあるわけではないし、やらないからと言って、
減給やペナルティーがあるわけでもないので。。。



肝に銘じているのは、
家族が、疲れて、家に帰ってきた時に、
「やっぱり、家はいいよな~。」と、何気なく思えるように
完璧ではなくとも、気持ちの良い環境は、維持していこうと思っています。

ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 
 





    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/19

最近のミーちゃんは、
かなり、パワーアップしてきています。

べランダのサッシの鍵を開け、部屋の小物を下へ落とします。

・診察券
・母子手帳
・マグマグのコップ
・お菓子等々。。。


もちろん、
絶対に手の届かないところに置いてある。
と思っているのですが、椅子を持ってきたり、よじ登ったりと、
ほしいものは、手に入れないと気がすまないようです。

それよりも、ひとりで、ベランダに出てしまうことが、怖いです。

リビングのベランダに出るサッシは、ロック付きの鍵に
付け替えたのですが、鍵(クレッセント)を購入するときに、
サイズや規格が合わないとまずいので、試しに、一つしか、
購入してませんでした。

なので、隣りの部屋のサッシには、まだ、取り替えてませんでした。



都合が悪いとわかったときは、呼んでも、無視!


お風呂の時間や寝る時間に、遊んでいるとき、
呼んでいるのが聞こえているのに、無視をする。

また、怒られるとわかると、他の部屋に行って、うずくまっている。

「おいで~♪」と普通に呼んだときは、絶対に、ふざけて逃げる。


機嫌が悪いと手に負えない


気に入らないことや食べたくないものがあると、下を向いて、
かんしゃくを起こす。
しまいには、目の前のものを何でも、投げつける。

また、たまに、寝起きなどで、泣き出すと、自分自身でも、
わけがわからなくなり、何をしても、大泣きして、いつまでも、
泣き止まない。


等々、まだ、まだ、あるのですが、
ババも、ママも、「そういうもんだよ!」と、ほったらかし。

ミーちゃんが、泣こうが、わめこうが、完全無視!!
しまいには、「うるさいっ!」ですって。汗)


なので、
ジジ。自分で、調べてみました。


結論から言うと、
「イヤイヤ期」 突入!!



【イヤイヤ期の特徴】

・食事の時に思い通りスプーンやフォークを使えなくて投げる

・食べたものを口から出したり食べ物で遊ぶ

・眠くなると抱っこしてもずっと泣いている

・オムツ替えやトイレに座ることを嫌がる

・何に対しても「いや」の一点張り

・遊んでいてうまくいかないことがあるとおもちゃを投げる

・チャイルドシートやベビーカーに乗るのを嫌がり抱っこを求める

・思い通りにならないと黙り込んで動かない

・都合が悪いことを言われると目をつむる

                               出典 ライフノート
はい!

感心するほど、全部当てはまります!
一つ残らずなのです。

ってか、
もっと、たくさんあります。


でも、
出典 ライフノート

「そう、そうなの!」
ということばかり書いてあります。

ライフノートさんが、すごいのか?
ミーちゃんが、セオリーどおりに育っているのか、わかりませんが、

とりあえずは、おおらかに、見つつも、
・怪我をしないように。
・危険なことはさせないように。
・ダメな事は、ダメ!
と、きちんと分別できるようにさせないと。。。

ただ、
ライフノートさんに書いてあった、
<だめな理由を教える。>

これは、まだ、理解できないだろうな~。

なので、最低限の
「イタイ、イタイするよ!」とか、
「コワイ、コワイよ!」とか、
やらかしたら、「メッ!」と言って、だめだと言うことを
繰り返し、教えるしかないかな???


ただ、今日、一つ、
ジジが、学習したのは、

寝起き際などのわけがわからなくて、大泣きしたときは、
むやみに、抱っこをしたり、あやすよりも、
強引に、抱っこをして、外に出てみること。


外の目に入るいろいろなことにも、興味を持っている
時期なので、かなり、ご機嫌が良くなります。


まぁ、中々、家に戻れなくはなりますが、
天地がひっくり返るくらいの勢いの大泣きが続くことを
考えると、それくらいの時間は、仕方ないですよね!?

どうせ、家の中にいても、家事なんかできる状態でもないし。。。


ジジも、本格的に、育児を実践し、充実した毎日を過ごします。


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 
 



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/06/16

ミーちゃんは、
現在、1才10ヶ月。

前回のブログにも、育児について、書きましたが、
「専業主夫の育児。改めて、知らないことばかり」>>>

トイレトレーニングの他に、
よくよく、考えてみると、まだ、まだ、知らないことが出てきています。

食事・成長度・言葉等々。。。


なので、
いろいろと調べてみました。

オススメなのが、ベビータウンというサイト。


話す言葉の数も増えてきて、「ワンワン、きた」「マンマ、たべる」などの二語文が出てくる子も。そんなときの親の対応は? 「自分のもの」という意識も芽生えてくるので、お友だちとおもちゃの取り合いになることも。そんなとき親はどうすればいいの? そろそろトイレトレーニングも始める時期? トイトレ開始の目安は? このころ気になる子どもの発育発達、お世話のこと、ご紹介します。
出典ベビータウン

こちらの育児サイトが、一番、わかりやすいかな?
その中で、

・「ウンチ」や「チー」を教えられる子も

ジジ家にミーちゃんは、トイレトレーニングについては、
ちょうど、今日。
オムツを汚した後、はじめて、自分の鼻をつまみながら、
「くちゃい、くちゃい!」と言ってきました。


・早い子は「ワンワン来た」などの二語文も

言葉に関しては、
まだ、「ワン、ワン。」・「はい、どーじょ!」・「ママ(マンマ)?」等々なので、
ちょっと、遅いかな???

・「自分のもの」がわかるようになる

これについては、超成長している?
自分のものに、ソーちゃんが、近寄っただけで、「ギャーッ!」と
叫びますし、オモチャなどを横取りすると、ソーちゃんを叩いたりします。
また、
ジジが、ソーちゃんを、ふざけて抱っこすると、「あ”---っ!」と、
叫んで、ソーちゃんを、ジジから引き裂こうとします。


トイトレは体の準備ができてから

トイレトレーニングが完成するということは、子どもが「オシッコやウンチが出そう」と自分の脳でキャッチできて、オマルかトイレでできるようになることです。それには、そのための体や脳、神経のしくみが発達してきているかが、とても重要です。

準備が整わないうちに始めると、子どもにとっても大きなストレスになりますし、ママの苛立ちや焦りも強くなります。親子ともども平和に心安らかにトイレトレーニングを進めていけるように、子どもの様子をよく観察してタイミングよく始めるようにしましょう。

トイレトレーニング開始のめやすは…

2歳近くなると、膀胱が大きくなって尿を溜める働きがほぼ完成してきますから、2時間ぐらいはオムツがぬれないことが多くなってきます。ウンチの時間もその子なりにだいたい時間が決まってくるものです。次のような条件が整ったら、そろそろトイレトレーニングを始めてみてもいいでしょう。

トイレトレーニング開始の目安

  • オシッコやウンチが出た後や出そうな時に、「チー」「ウンチ」などと言葉で教えるようになった
  • 言葉では教えないが、ママの手を引っ張ってオムツに手を当てるなど、態度で示すようになった
  • オマルやトイレの便座に座らせても、嫌がらない

うまくできたら大いにほめて、失敗してもガッカリしたり、叱ったりしないこと。おもらしをしたときは「濡れて気持ち悪いねー」と乾いたパンツに取り替えて、叱らないこと。子どものストレスにならないように進めていくのが、成功のコツです。

楽しみながらトイレトレーニングができるアプリもあります。利用してみてもいいですね出典ベビータウン


なるほど~です。


ただ、
ミーちゃん。
今まで、普段から、そうやって、あまり叱らずに
接してきたせいか、超わがままになってしまいました。

もちろん、危険なことややってはいけないことに対しては、
叱っていましたが、食べたくないものや嫌いなものを無理やり差し出したりは、
していませんでした。

ソーちゃんが、小食なので、
とにかく、何でもいいから、たくさん食べてくれればいいと
思っていましたので。。。

でも、
最近は、ちょっと、反省しています。


食べ物も、人に対しても、好き嫌いが、激しすぎるのです。
食べ物は、まず、舌を出して、味をチェックしてから、口に入れます。

食べたくないものだと、「プイッ!」と、首を反対に向け、
それ以降、何をやっても、一切、口をギュッとつぼんで、食べません。

基本、
「納豆ごはん・ふりかけごはん・コーンスープ・味噌汁・ミラノ風ドリア」

これら以外は、ミーちゃんの中では、食べ物ではないらしいです。



人一倍、気が強く、頑固で、わがまま。。。

さて、
3つ子の魂、百までという言葉がありますが、
3才まで、あと、1年。

その間に、もう少し、穏やかな性格になるよう成長してほしいものです。
育児って、たいへん。。。汗)


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ 
 



    このエントリーをはてなブックマークに追加
主夫ジジの自己紹介
c6e8e3a6
【主夫ジジの自己紹介】
○生年月日:昭和の五輪ごろ。
○血液型 :一般的な型。
  もっと見る?>>>  

ジジ家の家族紹介>>>
専業主夫になった理由と現実>>



●主夫ジジの別サイト
東京周辺の話題のスポットや人気イベント情報サイト~Tokyo My Soul Town>



記事検索
RSSフィールド