収入

2018/01/01


「専業主夫」


まだ、まだ、世間から、珍しがられる存在です。


もしかしたら、
永遠に、そうなのかもしれません。。。

また、
なりたくてもなれない現実もあります。


そこで、
専業主夫になるうえでの

=リスクとその回避=


●収入面での問題
●奥様や家族の理解。
●世間の目。
●自分自身への「男」としてのプライド。
・両家の親の理解。
・子供の理解。(学校や友達との問題)
・家事。
・育児。
・税金や各種名義。

等々
  ・
  ・
  ・

その他、数え上げたらキリがないと思います。


それでも、
・専業主夫をしたい。
または、
会社の倒産・リストラ・健康面での問題等々で、
・専業主夫をしなければならない状態。

そういった方も、少なくないと思います。


そんな方々に、
私の経験からの専業主夫として、
上記のさまざまな問題を成立・継続させるための
解決方法を記事にしました。



・【収入面での問題】


もともと、共稼ぎで、奥様のほうが収入が良い場合は、
ハードルが低いのではないでしょうか?

難しいのが、
今まで、奥様が、パート勤めしていた家族。
たぶん、扶養範囲内にコントロールするため、
パート収入は、月間8万数千円くらいですね!?

それと、今まで専業主婦だった奥様・・・。


その場合、
奥様の生活スタイルが、一気に変わります。
社会的責任や今までのブランク、仕事への不安や
ストレス。。。

旦那さんは、今までの経験から、
そのあたり、十分理解できると思います。


それら、すべてにおいて、
確実に、生活レベルを下げる必要があり、
生活レベルを下げるのは、とても大変なことです。


出来れば、
今までの奥様のように、パートに出るか、
在宅ワークなどで、家計の負担を減らすことも、
必要だと思います。



・【奥様の理解・説得】

まずは、
奥様への説得として、

・なぜ、専業主夫になりたいのか?
専業主夫になる理由。
・共稼ぎではだめなのか?
・今後の人生設計。(短期・長期計画)
・学資保険や生命保険の見直し計画。
・いつまで、専業主夫をするのか?(再就職の有無)


奥様の理解を求めるには、最低限、これくらいは、
用意しておくべきだと思います。




ちなみに、
ジジ家は、妻が、15年ほどのパート勤めで、
年間130万円以内で、働いています。

そのほかに、
同居している長女夫婦の旦那が、働いており、
長女も、パート勤務をしております。

家計は、ジジ家と長女家で、賃貸マンションの家賃を
含む、出費は、全て、折半しています。
      (まぁ、孫たちの出費は、圧倒的に、ジジ家が多いのですが。。。)



これらを踏まえて、
サクッと、
妻と長女で、年間260万円。
それに、長女の旦那の収入が、その1.7倍くらい。

まぁ、孫たちが、
まだ、5才と1才と小さいので、実質5.5人家族くらい。

一般的な家計に比べたら、並よりちょっと、いいかな???



実は、
その上に、ジジが持病を持っており、「傷病手当金」
なるものを毎月、至急していただいてます。

確かに、体調のすぐれないときは、結構、つらいのですが、
日常の生活には、走ったり、過度に運動しなければ、
さほど、影響がありません。



これらを考慮して、
ちょうど、車のローンが終わったり、多額のクレジットの
返済も、少なくなり、

今まで、おおざっぱだった食費等の家計のやりくりを
しっかりすることによって、無駄な出費を抑え、

今まで住んでいた賃貸マンションも、
ジジの結構いただいた退職金で、
きれいで広いけど、家賃の少ないマンションへと
引っ越しました。

それを機会に、
大々的な断舎利をして、多くのいらないものを処分したことで、
新しい必要最低限の家財道具を新しくしたおかげで、


結果的に、
【重要】 ジジが、飲食店で、働いていた頃と、変わらない
生活、もしかしたら、それ以上の生活を送っている
かもしれません。





・【世間の目】


こちらは、
今のご時勢からすると、さほど、気にすることはないと
思います。

しいて言えば、
ごみ出しなどの、ちょっとした外出でも、
寝癖のついたままの髪の毛やスウェットやジャージ姿で、
出ないこと。


ささいなことですが、
玄関先や玄関内は、いつも、靴などを整理整頓をして、
きれいにしておく事。
誰が、いつ、見ているかわかりませんからね!?



いつも、清潔感のあるさっぱりした格好で、
生活にゆとりのある雰囲気を出すことで、
変なうわさは、回避出来ます。

ただし、
ゴージャス過ぎるのは、逆に、怪しい仕事をしていると
思われかねないので、ご注意を・・・。


あとは、
独立して、SOHO(個人事業)をはじめました。
と、でも言っていれば、今のご時勢では、
特に、悪いうわさには、ならないと思います。



ジジ家では、
末っ子の学区内とはいえ、
隣町に、引越しをしたので、近所づきあいがほとんどありません。

なので、
たまに、世間話をする相手には、
「孫が、かわい過ぎて、早期隠居しました。」と、
正直に言って、なおかつ、生活にゆとりがあるようなオーラを
発信しています♪  笑)




・【自身のプライド】


こちらは、
友人や知人、あとは、ネット上に、

・男のくせに・・・。
・ヒモ生活、うらやましい・・・。
・男は、働いて、ナンボだろっ!等々、

とまぁ、いろいろ言われることがあります。


でも、
一家の大黒柱が、敢えて、専業主夫になる
勇気と覚悟は、半端な気持ちでは出来ません!!

あらゆるリスクを、
自分自身で、背負う覚悟でいるのですから。。。



自分自身が、男であるという価値観は、
とても大切だと思います。

でも、
今まで、しっかりと表舞台で、家族を支えてきた自信を
持っていいと思います。


今度から、
家族を影から大きく支える存在になるのです。
「大黒柱」から全てを支える「土台」になるのです。

「男」として、立派だと思いませんか???



ジジは、
十代~二十代の間、武道一筋の生活を送っていて、
全国大会でも、優勝を争うほどの実力だったのと、

長年勤めた会社でも、一つ飛びぬけた存在だったという
過去が、自分の現在の自信につながっています。



とは言っても、

「男」=「仕事」 
という概念を払拭するのは、困難ですよね!?

ちなみに、持論ですが、
福沢諭吉さんの言っている有名な言葉で、

1.世の中で一番楽しく立派なことは一生涯貫く仕事を持つことです。
     ・ 
     ・
     ・

と、6つくらいありますが、
この「仕事」というのは、現在の仕事とは、イコールだと思っていません。

逆に、無償の専業主夫のほうが、
遥かに、楽しく立派なことだと思うのです。


いかがでしょうか?

長年、武道を志し、生と死や禅の世界・宗教感を
学んだ経験から、
男のプライドなんて、9割、無駄なことだと思ってます。


でも、
残りの一割。
とても、とても、重要で大切です。

それは、自分で見つけてください。

たぶん、
専業主夫だからこそ、心から理解できることだと思います。


こちらも、
参考になると思います。
   専業主夫という存在について>>>




   
  主夫ランキング        主夫ブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

専業主夫として、

家計簿をつけたり、レシートを整理したり、
通帳残高を気にしたりと、いろいろなお金のこと。。。

考えてませんか?


まぁ、ジジは、ほとんど、皮算用ですが。。。


ただ、
今日、何気なくYahooのトピックを見ていたら、

・冷蔵庫は、ガラガラ。
・でも、冷凍庫は、いっぱい。
・献立は、前もって考えない。

という節約術を見て、ジジと一緒だ♪

なんて、自分に、言い聞かせてました。 ^^;



さて、本題です。

 【専業主夫が身に付けたいお金のこと】   


まずは、

  • お金の流れをわかりやすく、バスタブに例えてみる。
  • 蛇口を増やすということを考えてみる。
  • 主夫に必要なファイナンシャルリテラシーとは?
  •  



    お金の流れをわかりやすく、バスタブに例えてみる。



    家計の収入と支出。。。
    バスタブに、例えるとわかりやすくありませんか???

    専業主夫のバスタブ

    ・収入=蛇口の水
    ・支出=排水口の水   って!

    日本人のほとんどは、
    会社員とお給料をもらっている人。

    約85%が、そのようです。


    ということは、バスタブに入れる蛇口の水(収入)は、いつも、一定。
    主婦主夫という家計を管理している人は、
    排水口を小さくして、排水する水(支出)を少なくするしかないのです。


    でないと、
    いつまでたっても、バスタブは、溜まりません。


    ということは、
    支出の詳細を理解して、買い物やレジャー、ローン等々、
    常に、金額とにらめっこになってしまいます。




    子供の頃から、そういった環境下で過ごしているので、
    なんとも思わなくなっているのですが、

    それって、改めて、考えると、ちょっと、むなしいと
    思いませんか???


    ジジは、思うのです。


    もし、蛇口が、3つあったら・・・、と。



    ・蛇口を増やすということを考えてみる。

    1、奥様の収入。(労働)
    2、専業主夫の在宅ワーク。(半労働)
    3、その他の収入(不労)

    ってな、感じで。。。


    そういったことを、学習するのを、専門用語で、、
    ファイナンシャル リテラシー」を身につけると言うそうです。

    ファイナンシャルリテラシーとは?

    ファイナンシャルリテラシー(Financial Literacy)とは、直訳すると「お金に関して読み書きできる能力」です。より具体的に言うと、「お金に関して理解し、適切な決定と行動ができるようになるためのスキルと知識」。




    日本の教育では、
    大人になるまで、誰も、教えてくれないお勉強です。

    残念ながら、日本では普通に生活していて

    ファイナンシャルリテラシーを身につけることはできません。なぜなら、お金の教育は義務教育の内容にも入っていないし、そもそも親や教師にファイナンシャルリテラシーがないからです。
    というより、一生、知らないままで居る人のほうが、多いのかもしれません。




    こちらの書籍には、


    金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント


    「クワドラント」というお金を得る世界には、
    4つの世界があると書いてあります。




    サクッと、
    ・Eクワドラント・・・サラリーマンやOLのような雇われる世界
    ・Sクワドラント・・・スモールビジネス(主に個人事業主)
    -------------------------------------------
    ・Bクワドラント・ビッグビジネスオーナー(主に大企業の社長)
    ・Iクワドラント・・・主に投資家・資産家




    Eクワドラントは、時間も、給料(生活レベル)も、
    会社が決める。その限られた中で、生活している。


    ・Sクワドラントは、稼げば、稼ぐほど、生活水準は上がるが、
    仕事が忙しくなり、プライベートの時間が減っていく。

    ・Bクワドラントは、お金を稼ぐシステムを作り上げれば、
    あとは、Eクワドラントのような人たちが、ずっと稼ぎ続けて
    くれる。

    ・Iクワドラントは、お金や生活に余裕があり、マネーゲーム的
    に、お金を扱い、増やしていく人達。

    ※ <-----------> の線は、労働するか、しないか?
    の線です。



    いかがでしょうか???


    専業主夫の世界とは、かけ離れた話しように感じますが、
    多少、時間の都合がつけやすい専業主夫だからこそ、
    出来ることも。あるのかな?
    と思うのです。



    現実的に、

    1.奥様の収入。
    2.インターネットでの収入。
    3.株や投資信託等々。

    これくらいの収入源なら、遠い夢の話ではないですよね!?



    もっと、詳細を公開すると、

    ・奥様の収入で、普段の生活費をまかないます。
    ・インターネット収入が、10万円を超えたら、半分の5万円を投資に廻します。
    このときは、投資信託が良いかもしれません。

    毎月、5万円が家計にプラスされて、
    なおかつ、
    毎月5万円ずつ投資金額が増えていくのです。



    もちろん、
    ネット収入のほうも、稼ぐシステムが、
    出来あがってしまえば、始めた頃よりは、大変では
    ありませんし、
    いつまでも、ネット収入が、10万円では、満足できないと思います。



    ただ、
    そんな中でも、
    ファイナンシャルリテラシーで、
    もっとも、必要なのが、

    「ほしいもの」
        と
    「今、必要なもの」

    を明確に区別できるようになることだと、
    ジジは、思っています。

    ※重要※
    生活レベルを上げるのは、奥様の給料よりも、それ以外の
    収入が、多くなってからのほうが、良いです。


    せっかく、蛇口が、3つになっても、
    排水口が、広がっていたり、複数になっていては、
    バスタブは、溜まりませんからね♪

    これ、かなり、覚悟が必要です。
    だって、今まで、ほしくても、ガマンしていたものが
    買えるようになってしまうのです。

    でも、
    そこは、
    「労働所得」 < 「それ以外の所得」

    になるまで、ガマンしましょう!



    こんな感じで、
    表の顔は、何とか家事をこなす専業主夫で、
    実は、ほぼ、BとIクワドラントだった。

    なんて、
    かっこいいですよね♪



    ダイジェスト的に、
    お金のことを書いてみましたが、

    まずは、
    地道に、将来のために、今、出来ることをやってみては、
    いかがでしょうか?



       
      主夫ランキング        主夫ブログ村





      このエントリーをはてなブックマークに追加
    主夫ジジの自己紹介
    c6e8e3a6
    【主夫ジジの自己紹介】
    ○生年月日:昭和の五輪ごろ。
    ○血液型 :一般的な型。
      もっと見る?>>>  

    ジジ家の家族紹介>>>
    専業主夫になった理由と現実>>



    ●主夫ジジの別サイト
    東京周辺の話題のスポットや人気イベント情報サイト~Tokyo My Soul Town>



    記事検索
    RSSフィールド