経営

2018/05/18

本日は、
ミーちゃんとソーちゃんを20時に寝かしつけ、

いつもより早く、23時に目を覚ましてしまった主夫ジジです。


数時間の睡眠に中、整体院を経営していた頃の
夢を見ました。


そういえば、整体スクールのことや当時のその仲間のことは、
ほとんど、記憶から消えてました。

その後の生活が、波乱万丈すぎましたからね!?



ジジが、整体院経営をはじめて、半年ほどは、どん底の生活で、
そこから、這い上がって、順調に店舗展開をしている頃、

整体スクールの後輩が、千葉県で、整体の店舗を
開業する準備を始めました。
いろいろと相談に乗って、ジジも、サポートしていました。


その後輩は、無事、開業し、整体業を続けていたのですが、
スクールで学んだ手技に疑問を持ち、他の手技に変更したため、
そこから、交流がなくなりました。



先ほど、整体院の頃の夢を見て、
その後輩のことを思い出したので、ネットで、
店舗名を検索してみました。


すると、今年で、開業約10年。
法人登録をし、年商1億2千万円の社長になっておりました。

ジジは、彰ちゃんのことがあり、すべてを手放しましたが、
彼は、10名ほどのスタッフを雇用する社長になっていたのです。


当時は、ちょくちょく、電話での相談に乗ったり、
実際に、店舗へ行って、アドバイスをしたりと、頼りなかった彼ですが、
あれから、本当に、血の出るような努力したんだろうな~。
と、心から感心と尊敬をします。

たぶん、並々ならぬ努力ではなかったと思います。



正直な思いとして、
彰ちゃんのことがなかったら、ジジも、同じようなポジションに
いたと思います。

当時は、すでに、3店舗目を開業していて、
その3年後には、5店舗を経営し、
スタッフに現場を任せるという長期戦略は、
シナリオとして、出来ていましたから。。。


ただ、
今の後輩のホームページを隅々まで、見させてもらいましたが、
今のジジに写る彼の姿は、
「毎日、しんどいだろうな~。」という印象です。

もしかしたら、本人は、気が付いていないかもしれませんし、
この先の明確なビジョンのために、今は、踏ん張っているのかも
しれません。


でも、
もし、自分だったら。。。と考えると、
やっぱり、「しんどい。」の一言なのです。


たぶん、
今のジジは、すでに、
自分の夢の実現とか、社会的なステータスなどに、
まったく興味がなくなったからなのだと思います。


なので、過去の知り合いからの店長職のお誘いや
SNSやネット上で、ビジネスのお誘いなどがあると、
本当に、気持ちが重いです。

紹介してくれる方は、みんな、
「もったいない。」と口を揃えて言ってくれますが、

もう、生活のためや自己満足のための仕事は、
したくありませんし、興味のない仕事ほど、苦痛なものも
ないと思うのです。





ジジ個人の考えですが、
AI技術が、このまま進んでいけば、近い将来、
現在の職業の大半が、AIに譲らなくていけないときが
必ず来ます。


たぶん、2020年のオリンピック・パラリンピック終了後、
その影響は、一般人にも、広がってくるような気がします。


2030年に消えている仕事ランキング>>>



これ、今から、たった12年後です。 ^^;



たぶん、
1990年代のインターネットが、
世界に広がったとき以上の影響力があり、
世界の人々の仕事への価値観も、大幅に変わっていると思います。


あらゆる環境が、便利になり、無人となり、人と人の煩わしい応対も、
減っていくでしょう。

その反面、コミニュケーションの場が必須となり、
人と人のつながりも、今以上に、重要視され、
多くのニーズも、出てくるでしょう。

それと共に、それらに関連した多種多様の職業も、
増えてくると思います。


また、多くの人たちが、
「時間労働」 =「 報酬」 という概念から
脱却するではないでしょうか?





さて、
あなたは、2030年、何をしていますか???



ジジは、今と同じく、専業主夫をしながら、
パソコンの前で、たわいもないオヤジの
日記ブログを書いていることと思います。 笑)


あっ、趣味で、養蜂もしているかも???


ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
   


    このエントリーをはてなブックマークに追加
主夫ジジの自己紹介
c6e8e3a6
【主夫ジジの自己紹介】
○生年月日:昭和の五輪ごろ。
○血液型 :一般的な型。
  もっと見る?>>>  

ジジ家の家族紹介>>>
専業主夫になった理由と現実>>



●主夫ジジの別サイト
東京周辺の話題のスポットや人気イベント情報サイト~Tokyo My Soul Town>



記事検索
RSSフィールド