ソーちゃんの溶連金感染症。。。

Facebook にシェア
Pocket

昨夜は、

ヘタレのソーちゃんが、身体中がかゆいとか、
頭が熱いとか、ギャー、ギャーと泣きながら、
一晩過ごしていました。

先々週くらいのミーちゃんと、まったく同じ症状で、
ミーちゃんは、真っ赤な顔をしながら、おとなしくいい子にしてたのに。。。

あまりに、うるさいので、
徒歩3分の病院へ行きました。

実は、出来たばかりの病院で、あまり評判が良くなく、
近いので、何回か、行った事もあるのですが、
その時の担当医によって、かなりのムラがあるみたいです。

今回は、
子供好きそうな先生で、しっかり対応してくれました。

口内検査で、溶連菌が発見されたらしく、
抗生物質と解熱剤とかゆみ止めの処方箋をもらいました。

ミーちゃんから、移ったそうです。

ミーちゃんも、2件の病院に連れて行ったのですが、
結局、原因不明のまま、
かゆみ止めと下熱剤だけ貰いました。

溶連菌って、普通、抗生物質で、滅菌するはず。。。

しっかし、
溶連菌すら診断できない小児科って、どうなのでしょうかね!?

溶連菌と診断してくれたお医者さんは、口内検査の結果を
伝えてくれて、それにあった薬を処方してくれただけ。

そんなことすら、前の2件の病院は、してくれなかったのです。

1才半の負けず嫌いのミーちゃん。
結局、気合いで、治したみたい。。。  ^^;

ソーちゃん、
昨日のことが、うそのように、
今は、ぐっすり寝ています。

でも、溶連金感染症って、
どこから、持ってくるのでしょうかね???

ほとんど、
外出しない1才半の子供がかかるって。。。

かろうじて、
思い当たるのは、
イオンのチャイルドコーナーで、15分くらい遊んだことくらいかな?

健康で、丈夫な子供が感染・発症するって、溶連菌の力って、
恐ろしいな。と、今さらながら、思うのです。

   
  主夫ランキング        主夫ブログ村

Facebook にシェア
Pocket

https://syufu.club/page-759
スポンサーリンク

フォローする