専業主夫になる前の知っておきたい公的手続き等々

Facebook にシェア
Pocket

専業主夫になるきっかけとして、
本人の病気によるものも、少なくないと思います。

実際に、<専業主夫>という言葉で、ブログなどを検索すると、

病気。
特に、うつ病と診断され、仕事が出来なくなり、
やむなく会社を退職したというブログも良く見かけます。

会社を退職したときに、
病気での退職は、基本、「自己都合退職」となりますが、

実は、「特定理由離職者」という特別な待遇があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

病気が理由の退社は、失業保険が
支給されない。

一般的には、
会社を退職したら、まずは、ハローワークに出向き、
失業保険」の申請をすると思いますが、

・しばらく、就職するつもりがない。
・妊娠・出産・病気・けが等で、すぐに、就職が出来ない。

また、
離職前に、12ヶ月以上、被保険者でなかった。

などの条件があると、「失業保険」は、支給されません。

【病気での退職で、傷病手当金が支給される】

では、
病気での退職の場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。

まずは、
失業保険申請と同じように、ハローワークに行き、
相談をしましょう。

ジジの場合、
在籍しているときに体調を崩し、一ヶ月の傷病手当金を支給してもらい、
休養しました。
その後、一ヶ月間の有給休暇を消化した後に、退職。

翌月から、再び、自身で、手続きをしなおし、
再び、傷病手当金をいただくようになりました。

なので、ちょっと、複雑だったのですが、
会社からもらった離職に伴う書類をすべて、ハローワークに持っていき、
事細かに、説明を受けました。

はい、
さっぱり、わかりませんでした。。。汗)

とにかく、
こちらに、詳しい申請方法が、書かれているので、
参考にしてください。

全国健康保険協会ホームページ 
「病気やケガで会社を休んだとき 」>>>

上記内容の手続きは、退職後も、ほとんど変わりません。

  傷病手当金申請書
Screenshot_2018-02-24-10-19-19

ちなみに、
自治体によって、様々ですが、

年金の免除や社会保険から国民健康保険に変わる際の
手続きで、免除や減免をしてもらえる制度もあります。

ジジの調べた範囲では、
年金の免除は、かなり可能なのですが、結構な負担額の住民税の免除や
減免・国民健康保険の免除が可能な自治体は、ごくまれのようです。

※ 国民健康保険は、前年度の所得から算出するため、中々、難しいようです。
早めの相談で、減免の可能性はあるようです。

まぁ、こちらから、すすんで問い合わせをしないと、
何も、答えてくれないのが、お役所なので、
ダメ元で、聞いておいたほうが良いでしょう。

補足として、
傷病手当金を支給される期間は、最大で、
18ヶ月です。

支給額は、ひと月の出勤日数による日割り計算をした
7割×日数になります。

毎月、全国健康保険協会のホームページから、
申請書をダウンロードして、
医師に、申請書の医師の記入欄に、
現時点での病状を記載してもらい、

その申請書を全国健康保険協会宛に、郵送します。

もちろん、途中で、収入が発生したり、
病気が治り、医師の完治証明が出れば、支給は、されなくなります。

ジジの場合、
甲状腺機能亢進症という、
なかなか短期間では、完治しない病気なので、
じっくりと、ひと月に一度だけ通院し、

その時に、血液検査をして、処方箋を貰い、
同時に、申請書も、記入してもらっています。

【まとめ】

いかがでしょうか?

ざっくりと書いてみましたが、
とにかく、本人が動かないと、貰えるものも、貰えないし、
払わなくて済むものも、払うことになりかねないので、

じっくりと、ハローワークや役所に出向いて、
納得のいくまで、説明を受けましょう。

ジジは、
住民税も、健康保険も、免除されるものと勘違いし、

住民税の手続きの区役所と
健康保険の手続きの区民館(正反対の場所)を、

何度も、行き来する羽目になりました。。。

そんなことのないように、しっかりと把握しましょう♪

ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
   
  主夫ランキング        主夫ブログ村

Facebook にシェア
Pocket

https://syufu.club/page-759
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする