梅雨の季節の専業主夫の大仕事

Facebook にシェア
Pocket

本日は、
幼稚園での父の日の授業参観日。

パパが、仙台から帰ってきました。

とはいっても、
自宅へは戻らずに、幼稚園と家族水入らずの外食で、
仙台へとんぼ返りでした。

ババは、お仕事。
カナちゃんは、昨日から学校の避難訓練のお泊りで、
帰ってきたら、すぐに、コンビニアルバイトです。

はい!
夜まで、久しぶりのひとり♪

思いっきり、のんびりしたいところを、
本格的な梅雨に入る前に、フローリングのワックスがけを
片付けておきたい。

ということで、
リビングのフローリングのワックスを剥がし、
新たに、塗り替えました。

テーブルやカーペットを隣の部屋へ。
施工前です。
20180609_115256

こちらは、施工前と施工後を比べてみました。
20180609_145609
   施工前         施工後

フローリングワックスって、専門業者が、やるときは、
いろいろな種類があるそうですが、
賃貸物件の場合、毎年、ワックスを上塗りして、
なおかつ、5年に一度は、塗り替えたほうがよいそうです。

ジジ家のフローリングワックスは、剥がし始めて、感じたのですが、
それ以前の問題みたいです。

ほとんどの面積で、剥がれるであろうワックスが、擦り減っていました。

うちも、やったほうがよいかも!?
という方のために。。。

【フローリングワックスの塗り替え方法】


1.家具やテーブル等を移動させる。
できる限り、全部移動させたほうがよいです。

2.フローリングワイパーをゆっくりとかける。
掃除機でもいいのですが、掃除機がけで舞ったほこりが、
新しいワックスに張り付くのを嫌いました。

3.スチームモップで、汚れをきれいに落とします。
水拭きでのいいのですが、これは、この後のかなり大変な作業のために、
楽をしたほうがよいです。

4.ワックス剥がし剤を床面積1㎡くらいを目安に、スポンジや
専用ブラシにつけて、うっすら塗りまくります。

5.1~2分待って、スクレーバーや荒めのスポンジたわし等で、
ワックスを取り除きます。
スクレーバーは、プラスチックだと、剥がしづらいです。
また、金属製だと床を傷つけやすいので、樹脂加工されたような
ものがよいです。

6.水拭きを3回くらいします。
剥離剤がふき取れるまで、がんばります。これが、きついです。
胸筋と膝がつらくなります。
ひざは、靴ズレのように、皮が剥けました。。。

7.乾燥させます。
ここまでで、1㎡で、30分。

8.乾燥させている間に、次の1㎡に移り、1~7までを繰り返します。

ジジは、これを6回繰り返し、リビングの半分まで、剥離し終わった時点で、
新しいワックスを塗り始めました。

ここまでで、3時間。

ちょっと、休憩。

そのとき、ふと、思ったのですが、
半分を剥離している最中、ほとんどのワックスが磨り減っているということは、
敢えて、剥がす必要なんじゃないか?と。。。

なので、一か八か、残り半分は、そのまま、ワックスがけ!

はい。
正解!!

前面を乾かすために、エアコンと換気扇を全開にし、
廊下から扇風機をゴーーーーッ!

上の画像にあるように、養生テープでの境が、
まったくわからない状態になりました。

ちなみに、ワックスがけは、フローリングワイパーに、
つやピカワックスシートを付けて、光沢の出るワックスを
床にたらしながら、サッ、サッ、と、横滑りさせるように、
塗りたくりました。

最終的に、正午からはじめて、16時に、終了しました。

以下は、
本日活躍したキャストです。

yjimage73V62Z9I 無題 hybridpad3560

81PsQ+Tu7XL__SY550_無題3無題2imagesS89CFV9W

あとは、廊下・寝室・カナちゃんの部屋ですが、
剥離をしなくてもOKとわかったので、かなり、気が楽になりました。

また、
なかなか、めぐり合えないだろう晴れた日を選んで、
がんばります♪

ランキング参加中。 ポチっとお願いします。
 にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
 

Facebook にシェア
Pocket

https://syufu.club/page-759

フォローする